流れを奪い決勝打!全員で掴んだ今季初勝利│早稲田×慶應 1回戦

Pocket

◇早稲田4-5x慶應
11日・上柚木公園球場

今シーズン初の早慶戦。両チーム終盤まで粘り、手に汗握るデッドヒートが繰り広げられた。
試合序盤に3点を失うものの、満塁のピンチを凌いで守備で流れをグッと引き寄せ、攻撃では着実にランナーを溜めてチャンスを逃さなかった慶應が伝統の1戦を制した。

初戦の法政戦でタイブレークを制した早稲田は、勢いそのまま慶應を攻めた。2回表、4番・青木元寿(県立海老名)がセンター前にヒットを放つと、6番・河野太(日立第一)が2塁打で続き先制点を挙げる。さらにエラーも絡まり3-0に。今季の慶應は序盤で点差が開く展開が続いており、このまま早稲田に流れが傾くかと思われた。しかし、4回に先発の小峯丈明(慶應義塾)が2アウト満塁のピンチを見事抑え、チームに弾みをつける。

ピンチを凌いだ小峯(右)と3打点をマークした福井(左)

慶應は5回、相手の四死球やパスボールで塁を進め、2番・福井龍介(慶應義塾)が今試合2本目のヒットを放ち一気に1点差へ。ベンチが反撃ムードで盛り上がる中、その流れを受けた3番・小川岳登(県立相模原)の安打で同点に追いつく。
一振りでチームの流れを引き寄せた福井は、「前回は不甲斐ない結果だったので、今回は得点圏で2本打ててよかったです!」と自身のバッティングを振り返った。

その後は早稲田の石井智己(岡山朝日)・藤本怜児(都立西)、慶應の河本龍斗(慶應義塾)らが互いに好投を続け、追加点を許さなかった。
均衡が破られたのは9回裏。途中出場の7番・山本恭平(船橋東)が初球を捉えレフトへ運び出塁すると、パスボールで2塁へ。続く8番・山家健(都立青山)が3塁線沿いを転がる鮮やかな犠牲バントで繋ぎ、打順が回ってきたのは7回に安打を決めた片岡壯介(浅野)。チームのサヨナラ勝ちがかかる、痺れる場面で放った打球が決勝打に。「みんなでピンチを乗り切った後に巡ってきたチャンスで、山家が繋いでくれたものでもあったので、打たなきゃやばいと思いながら打席に入りました。」とその瞬間を今日のヒーローは語った。

サヨナラの瞬間、喜びを爆発させる選手たち

両チーム最後まで勝利を譲らない見応えある一戦であった。今試合で勝利し勢いづいた慶應は法政と、惜しくも敗れたものの実力を十分に見せつけた早稲田は立教との試合がじきに行われる。次戦はどんなナイスゲームを見せてくれるのか、楽しみである。

文:花原彩夏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です