投打がかみ合い2試合連続のコールド勝ち!|立教×法政 1回戦

Pocket

◇立教0-7法政
22日・小野路球場

法政は8日に行われた東大戦に引き続きコールドで勝利を収めた。1年生の福田壮汰(川越東)と2年生の土井史鷹(川越東)の川越東コンビが中心となり活躍した。それに加えて1,2年生が目立った試合展開となった。

法政は1回裏、1番・土井がヒットで出塁しチャンスを作ると、1アウト満塁から5番・岩﨑照英(成田)がセンターにツーベースを放ち幸先よく2点を先制。続く2回裏にも8番・久保田粋(錦城)がヒットで出塁し、エラーやフォアボールでチャンスを広げると、2アウト2,3塁から4番・近藤幸雄(市立橘)のフェンス直撃のツーベースなどで、さらに3点を追加した。

1回裏、先制タイムリーを放った5番・岩崎

投げては法政のエース・五十嵐大智(県立高志)の危なげないピッチングで5回をヒット2本、無四球、無失点に抑えた。五十嵐は「前回思うようなピッチングができず、無駄な失点があったため今回は丁寧なピッチングを心がけました。」という思いで試合に臨み、試合後は「球速が思うようにでなかったのですが、上手く変化球で組み立てられたのでよかったです。次の試合でも球種の調子を見て投げ分けていきたいです。」と振り返った。今後も堂々たるエースのピッチングに注目したい。

5回無失点の好投を見せたエース・五十嵐

5回裏、法政は再び8番・久保田がフォアボールで出塁すると、9番・西村佳紘(県立川和)が今シーズン初の打点となるスリーベースを放ち追加点を挙げ、この回さらに1点を加えて7点差とした。

法政は6,7回に1年生のピッチャー・福田がエラー以外にランナーの出塁を許さず、無失点の好投で立教打線を抑えた。7回を2人のピッチャーで完璧に抑え込み、コールドで勝利。福田は「先発の大智さん(五十嵐大智)が0で抑えていたので自分も流れに続こうと気合を入れてマウンドに上がりました!」と意気込み、「調子が良くはなかったので細かいコントロールを意識して投げて打ち取ることができました。チームの役に立てるようにこれからも頑張ります。」と試合を振り返った。

前回の東大戦でも好リリーフをした福田。引退した、同じサイドスローピッチャー・崎村旭(長崎南山)のように法政の中心となるような選手になることに期待したい。

2安打と安定した守備を見せた1番・土井

法政は1,2年生の活躍により3勝目を挙げた。一方の立教は3連敗と幸先が悪いシーズンとなっている。昨年ベストナインのエース・小林陽人(桜美林)や理事の岸本大輝(新潟明訓)を中心に巻き返しに期待したい。

文:近藤幸雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です