伝統の一戦!王者の意地見せた早稲田が4連勝で後半戦へ│慶應×早稲田 1回戦

Pocket

◇慶應5-10早稲田
18日・第一カッター球場

数々の激闘を繰り広げ、リコタイを一層盛り上げてきた早慶戦。
今季初の対決は終盤に得点を重ねた早稲田がダブルスコアで勝利し、勝率8割で前半を折り返した。

慶應・山家健(都立青山)と早稲田・新井大悟(川越東)の両先発は、ランナーを出しながらも要所を締めるピッチングでスコアボードに0を並べた。

試合が動いたのは5回の慶應の攻撃。3回には守備で華麗なダイビングキャッチを見せた1番の片岡壯介(浅野)が右中間にツーベースを放ち、1塁ランナーが生還。続く角田真(慶應義塾)もフルカウントからセンター前に運び、片岡を還して2点のリードを奪った。
守りでは先発の山家がランナーを背負いながらもあと1本を許さず、好調な早稲田打線相手に6回無失点と好投した。山家は「四球などがあったので、いいリズムを作れなかったところが反省点です。その中でもキャッチャーのいしこ(石井大智⦅東京学芸大学附属⦆)が調子のいい球種を見極めて上手くリードしてれたり、片岡君のビッグプレーがあったりと、周りに助けられてなんとか相手打線をかわせたという印象でした。久しぶりの先発でとても疲れましたが、楽しかったです。」と内容を振り返った。

6回無失点の好投で試合を作った山家

追いつきたい早稲田は7回、四球で出塁した長谷川翔大(県立千葉)と遠藤一成(桐光学園)がダブルスチールを決めると、昨季首位打者のタイトルを獲得した甲崎孝裕(早稲田大学高等学院)が3塁線を破るタイムリーツーベースを放ち、同点に。さらにエラーの間に甲崎が生還し勝ち越しに成功した。

1点を追う慶應は8回の表、横山春平(東海大学付属浦安)の四球と盗塁を足掛かりに、守備の乱れに乗じて逆転。加えて、途中出場の山城孝太(國學院久我山)がスクイズを決めてリードを再び2点とした。

しかし、先日の明治戦で王者の意地を見せてサヨナラ勝利を収めた早稲田は再び、最後に試合をひっくり返した。
8回裏、先頭の河野太(県立日立第一)と吉川将生(市立浦和)の連打で1点差にすると、ヒットや死球を活かして満塁とした。そして打席に立ったのは7回に同点のタイムリーを打った甲崎。ワイルドピッチで同点になった後、なおも1アウト2,3塁のチャンスで3球目を振り抜き、レフトオーバーのタイムリーツーベースを放って勝ち越しに成功した。さらに佐藤塁(桜美林)や渡邉一登(早稲田佐賀)も続き、7得点のビッグイニングとなった。
2本の貴重なタイムリーで4打点の活躍を見せた甲崎は、「自分のエラーで逆転を許していたので、打って取り返すしかないと思って打席に入りました。今日までなかなかヒットが出ていなかったので、重要な場面で打ててよかったです。」と最後の打席を振り返った。そして「前半戦は厳しい展開が多い中で勝つことができたので、後半戦もこの勢いで勝ちを重ねていきたいです。リーグ戦連覇に向けて頑張ります!」と後半戦への意気込みを語った。

2本のタイムリーを放って4打点の活躍を見せた甲崎

昨季1勝1敗であった伝統の一戦は早稲田の勝利で幕を開けた。両チームとも守備の乱れが目立った試合であったが、1か月後にどのようなチームとなって再戦するのか楽しみである。
リーグ戦もいよいよ折り返し。順位、個人タイトル争いが激しくなる後半戦に注目だ。

文:浅野希子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です