立教あと1本が出ず。明治が試合を制し、勝ち点を奪い取る|明治×立教 2回戦

Pocket

◇明治5-2立教
26日・藤沢市八部野球場

8月10日に行われた東大戦で初勝利を挙げ、勢いに乗りたい立教を相手に勝負所での一発を魅せた明治が勝利をおさめ、勝ち点3を獲得した。この勢いで優勝への道を突き進めるか。

立教の市川隼渡(都立武蔵)と明治の堀野俊平(都立小山台)両投手は1回、2回無失点と上々の立ち上がりを見せた。

3回表、明治は四球、立教内野手のエラーで2得点とノーヒットながら先制点を獲得し、優位な試合展開とした。

追いかける展開になった立教は4回、4番・石井滉太郎(世田谷学園)がレフト前ヒット、5番・小林陽人(桜美林)がツーベースとノーアウト2.3塁で迎えたのはルーキー廣田悠斗(日本大学習志野)。ライト前に打球を運び1点を返した。しかし後が続かず、1点どまりとなった。

5回表、エラー、申告敬遠などで1アウト満塁とすると勝負強い石原慎也(県立市ヶ尾)が、センターにタイムリーヒットを放ち、2点を追加した。7回表に6番・高垣豊(都立城東)がヒット、盗塁で得点圏に進塁し、続く7番・服部碧人(都立国分寺)がセンターオーバーのタイムリースリーベースとダメ押しの5点目を入れ、5対1と立教を突き放した。

期待に応える活躍の服部(写真中央)

何としても逆転したい立教は7回裏、得点圏にランナーを置くもあと1本が出ず、無得点。8回裏には先頭の宮川岳大(都立小山台)がレフト前ヒットで出塁するとパスボール、盗塁で3塁まで進み、1アウト3塁とすると9番・相原樹(県立平塚中等)がレフト前ヒットで1点を返し、5対2とするも、反撃はここまで。立教はミスのない明治野手のプレーに阻まれ、12安打という2桁安打でも勝利をつかみきれなかった。

試合を確信させるタイムリースリーベースを放った服部は「いいピッチャー(小林)でなかなか簡単には打たせてくれないので甘く入った球は一発で仕留めようと思っていました。安心できる点差ではなく、ここでもう1点ほしいと考えていたところで1本出せてよかったです。」と試合を振り返り、「今回の勝利でこのまま勢いに乗って次戦以降も勝利を重ねていきたいです。また、試合に出させていただいているからには期待にこたえられるように頑張ります!」と今後の意気込みを語った。

4回ノーヒットピッチングと投手の仕事をしっかりと務めた市川は「緊急登板でしたが、粘り強く投げていればエースの小林が後を継いでくれるとわかっていたので全力を出し切るつもりでマウンドに上がりました。よくも悪くも自分らしさ全開の登板結果だったと思います。」と締めくくった。

4回ノーヒットピッチングで試合を作った市川

立教は頼れる存在市川が今回の試合で一足先に引退した。この大きな穴を埋め、3年連続Aクラスの夢を果たせるのか。明治は今年こそAクラス入りし、優勝することができるのか。両チームの後半の活躍に目が離せない。

文:鈴木瞳子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です