最終回の大逆転!慶應がサヨナラ勝利!│早稲田×慶應 2回戦

Pocket

◇早稲田3-4慶應
15日・いせはらサンシャイン・スタジアム

1回戦は早稲田がダブルスコアで勝利を収めた早慶戦。今試合も早稲田が試合の主導権を握ったかのように思われたが、慶應が最終回に一挙4得点に成功し逆転勝利を掴んだ。

試合は序盤から膠着状態が続いたが、4回表に早稲田が均衡を破った。3番・渡邊陸(都立戸山)がレフト前ヒットで出塁すると、続く4番・佐藤塁(桜美林)の内野安打で打線が繋がる。しかし、慶應の先発・棚橋佑介(県立関)は鋭い牽制で渡邊の3盗を許さなかった。ここで早稲田の流れに乱れが生じたかのように思われたが、5番・石井蒼月(山手学院)がセンター前ヒットで再びチャンスを作ると、慶應のエラーに乗じて先制点を挙げた。

勢いに乗った早稲田は6回表、2番・遠藤一成(桐光学園)がレフト前ヒットを放つと、続く3番・渡邊と4番・佐藤の二者連続タイムリーツーベースヒットにより2点を追加した。

その後も早稲田は送りバントでランナーを進め、慶應は2アウト2,3塁のピンチを迎える。ここでマウンドに立ったのは山家健(都立青山)。山家は続く山田真透(鎌倉学園)をショートライナーで打ち取り、9回まで打者11人に対し41球、無安打無失点、3奪三振の好投を見せた。イニング途中での登板について山家は「ピンチの場面だったので腕を振っていこうと思って投げました。」と振り返り、「相手の新井さん(新井大悟⦅(川越東)⦆)のピッチングがすごすぎて締まった空気の中での投球になったのが良い方向に作用したような気がします。疲れましたが、楽しかったです。」と率直な思いを語った。

好投でピンチを切り抜けた山家

一方の早稲田の先発・新井は見事なピッチングを披露。華麗な投球フォームから振り下ろされるストレートに翻弄された慶應は三者凡退を重ね、打線は沈黙。新井がこのままノーヒットノーランを達成するかと思われた。しかし、ここで終わらないのが早慶戦の醍醐味。

8回裏、代打として打席に立った武田渉平(早稲田佐賀)がツーアウトから初球を左中間に運び、今試合慶應初ヒットで2塁を陥れた。この回得点には繋がらなかったものの、慶應の反撃を扇動する一振りとなった。

9回裏、先頭の1番・片岡壮介(浅野)のレフト前ヒットを皮切りに、四球、3番・真崎大祐(慶應義塾)のライト前ヒットで順調に塁を進め、ノーアウト満塁で打席に立ったのは4番・DH・加藤優弥(さいたま市立浦和)。ファーストの悪送球の間に一気に2点を獲得した。待ちわびた得点が入り、慶應ベンチの応援にも熱が入る。打順はまわり、2アウト満塁のチャンスから8番・武田が強く振り抜いた4球目は同点のタイムリーヒットとなった。再び迎えた満塁で勝負の行方を託されたのは、安定感のあるバッティングで期待が寄せられる1年生・玉田皓紀(県立浦和)。ベンチからの声援に応えるかのようにボールはライトのグローブを逸れ、1点を追加すると同時に見事慶應がサヨナラ勝利を収めた。

2打席連続のヒットを放った武田。9回の重要な局面を任されたことについて「打席ではあまり深いことは考えず、自分のスイングをすることを心がけました。相手がいいピッチャーだっただけに嬉しかったです。」と振り返り、「厳しい戦いが続きますが、チームに貢献できるよう頑張りたいです。」と今後への意気込みを語った。

同点のチャンスを逃さなかった武田

新井はフルイニング出場、149球、14奪三振に及ぶも熱投実らず。最終回に打者一巡の猛攻を見せた慶應が試合をひっくり返し、ベンチを飛び出して喜びを分かち合った。


最後まで目が離せない展開となったが、1回戦に引き続き両チームともに守備の乱れに泣かされた。3回戦へもつれ込んだ早慶戦。今季はどちらが勝点を獲得するのか。次戦ではさらにレベルの高い試合を見せてくれることだろう。

文:尾上奈優、舟橋佳穂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です