華の早慶戦!直前対談企画第二弾 ~両チームの主軸が見据える早慶戦とは~|相原豪(早稲田)×松下周平(慶應)

Pocket

                              

                      

早慶戦前の対談企画第二弾は、6月に済州島で開催された国際大会に日本代表(リコタイJAPAN)として出場したこの2人!MVPに最多安打と2季連続タイトルを獲得している早稲田3年・相原豪(盛岡第一)と今季のミスター指名打者慶應3年・松下周平(本郷)の素顔に迫った。

               

ーーJAPANでは同じチームで戦いましたが、前後で印象は変わりましたか?
松下:印象はあんま変わんないかなぁ(笑)1年の時からリーグの俺らの代のトッププレイヤーだなぁと思ってたし、JAPANでのプレーをみてもイメージ通りでさすがという感じでしたねぇ。同じチームにいたら心強いし、それが相手となると毎回手強いなという印象。
相原: おれもイメージ通りって感じだった〜ぽっちゃりしてて優しい(笑)
松下: ぽっちゃり言うな(笑)
相原:あと東京ドームでめっちゃ打ってる印象あるかも。おれドームで全然打てないから大舞台に強いのうらやましい。早慶戦でも打っちゃうんじゃないかな〜ってこわい。

                         

今季もタイトル獲得を狙う相原豪(早稲田)

                   

ーーなにかJAPANでのエピソードはありますか?
松下:おもしろいエピソードはないなぁ。でも毎回打ち上げの場でちょいちょい絡む豪くんかわいい(笑)
相原: これオフィシャルなやつだからおれの印象かわいいで留めてくれる松下優しいかよ(笑)

                 

ーー早慶戦で「オレのここを見て!」というアピールポイントはどこですか?
松下: アピールポイントはフルスイングだけど状況に応じたバッティングと出塁率!シーズン中盤までポップフライが代名詞になりつつあったのでそれだけは打ちたくないね。チャンスメイクでもチャンスで一本でもなんでもいいから得点に結びつく結果を見せたいです!
相原: チームのみんなからはバカなんだからなんも考えないで打てって言われてます(笑) 自由に打たせてもらってる分、試合を決める1本を打てればな〜って思ってます!

                          

今季不動の指名打者・松下周平(慶應)

             

ーー試合に向けての意気込みをお願いします!
松下: 勝てば優勝が決まる大事な試合だから試合前からいい緊張感をもってチーム一丸となって戦いたいです。1年の時から早稲田は強くて全然勝てなくて「打倒早稲田」を目標にしてきたので自分達の代でその目標を達成して優勝という最高の結果で終わりたいです!そして今度は勝利の涙を流したい(笑)(*松下は先日の立教戦に負けて、試合後のミーティング中ひそかに1人涙を流していた)
相原: まじめだなあ〜(笑)
松下: いつもふざけすぎてるからたまにはみんなに真面目なとこみせとかないと(笑)
相原: なんかおれは楽しく野球できたら結果ついてくるんじゃないかな〜って思ってるから、負けたら優勝なくなっちゃうとかは考えないようにしとく!もうそろそろ引退なのさみしいからリーグ戦勝って終わりたいな!

                         

この対談で両大学のチームカラーが見えてきたのではないだろうか。二人のバッティングがチームの命運を分けるカギとなりそうだ。

                          

文、取材:鶴井彩央 編集長:林克樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です