山陰の怪童が鮮烈デビュー!緊迫のシーソーゲームを立教がサヨナラで制す|立教×明治 1回戦早版

Pocket

 

◇立教7xー6明治
21日・八王子上柚木公園野球場

 

ホームインし喜ぶ立教・赤崎南斗主将(右)

 

白熱の「紫合戦」をモノにしたのは昨シーズンわずか3勝の伏兵・立教だった。

先発の南泰至(成蹊)が強打の明治打線を6回3失点に抑えて試合を作ると、打線は3点ビハインドで迎えた7回に負田圭亮(湘南学園)の2点タイムリーなどで一気に逆転。その後同点を許すも、9回裏に満塁のチャンスを作り最後はパスボールで劇的なサヨナラ勝ち。ルーキー妹尾大雅(米子東)が初登板で初勝利を手にした。

敗れた明治は3安打の丸山隆馬(明大中野八王子)をはじめ打線が好調も、継投に課題が残った。

山陰を沸かせた高校時代と違わぬ快投を見せたルーキー妹尾大雅(米子東)

 

写真・文:小池颯

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です