投手戦を制した早稲田が優勝へ1歩前進|早稲田×法政 2回戦

Pocket

◇早稲田4-1法政

24日・検見川総合運動場

優勝へ向け負けられない早稲田とリーグ最多得点の強力打線を誇る法政の一戦。ゲーム終盤の攻防を制した早稲田が勝利を挙げた。

前回対戦はタイブレークの末早稲田が勝利した同組み合わせ。今回対戦も緊迫した投手戦となった。

法政は前回6回途中まで早稲田打線を被安打1に抑えた五十嵐大智(高志)が先発。今回も6回をヒット1本に抑える快投を披露。
対する早稲田は自慢の投手陣の層の厚さを生かした継投で、両チームスコアボードに0を並べていく。

前回対戦に続き早稲田を完璧に封じ込んだ五十嵐

試合が動いたのは6回裏。法政はこの回からマウンドに上がった早稲田の3番手・山田純平(國學院大學栃木)の代わり端を、2番・森山和紀(工学院)、3番・加藤比呂(修徳)の連打で強襲し待望の先取点を奪う。
このイニングを最少失点で凌いだ早稲田は、続く7回表、先頭の3番・清瀨智大(新潟南)が死球で出塁すると盗塁でチャンスメイク。5番・佐藤塁(桜美林)がセンターへタイムリーを放ち同点。さらに法政の守備のミスを突いて逆転に成功。リードを3点に広げる。

残り3イニングでの逆転を目指す法政だったが、早稲田の山田が見事に立ち直り、8回に3者連続三振を奪うなど反撃を封じ込めた。
7、8回と完璧な投球を見せた山田は「6回裏に先制を許してしまいましたが、直後の攻撃で仲間がすぐに逆転し、3点のリードまでくれました。ここまで援護してくれて負けるわけにはいかない、と強い意志を持ってマウンドに上がりました。」とコメント。

8回には3者連続三振を奪い反撃の芽を摘んだ山田

最後はクローザーの工藤智裕(成蹊)が締め、今期の早稲田らしい「継投策」で強打の法政相手に3点のリードを守り抜いて勝利。一つのミスが命取りとなるロースコアの試合で、ミスを逃さず攻め切った早稲田が大きな勝利を挙げた。


早稲田はこれで優勝まであと2勝。優勝の行方を大きく左右する週末の立教戦に向けいい流れを作った。法政はリーグ戦残り1試合。最後まで自慢の攻撃陣の爆発に期待だ。

文:高橋孝太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です