明治が打力を見せつけ快勝|明治×東京 1回戦

Pocket

◇明治10-5東京
24日・検見川総合運動場

今シーズン初顔合わせとなった両校。打撃で圧倒した明治が東京を下した。一方の東京は苦しい4敗目となった。

先制点をとったのは明治。矢野将大(昭和学院秀英)、富岡俊平(都立城東)、瀧口大翔(都立城東)が四球を選び2アウト満塁とすると、6番・松本朋大(都立昭和)の内野安打で幸先よく先制する。3回表にも瀧口が四球とバッテリーエラーで3塁まで進むと、内野ゴロで生還。点差を2点に広げた。

一方の東京は3回裏に田近翼(筑波大附属駒場)がヒットで出塁すると、犠打とバッテリーエラーで1点を返す。さらに2アウト2塁となり3番・小川幹太(相模原)のセンターオーバーのタイムリーヒットでもう1点追加し、一気に試合を振り出しに戻した。

4回表、明治は引き離しにかかる。2アウトから9番・宇津見達也(佐賀北)が四球で出塁し盗塁でチャンスメイクすると、矢野が華麗な流し打ちを決め1点の勝ち越しに成功。5回表には瀧口のヒットと四球で0アウト1,2塁のチャンスを作ると、松本のタイムリーヒットで瀧口が生還しまたしても2点差にリードを広げた。

さらに6回表、ヒットと四死球で1アウト満塁を作ると、松本が打席に入る。ファール2球で簡単に追い込まれたあとの3球目、松本はバスターに切り替えた。コンパクトに振りぬいた打球はセンターに抜けて2点タイムリーヒットとなった。
松本はこの試合3安打4打点の大活躍。追い込まれてからの打撃については「バスターをすることで三振をなくせますし、ミート力も上がると思っています。ここ最近では打撃面での不調もあったので、何かきっかけを作ろうとバスターに切り替えました。結果的にヒットになったので良かったです。」と振り返った。

復調の兆しが見えてきた明治・松本

明治は8回表にも矢野、吉岡琉平(横浜平沼)、伊藤秀真(都立新宿)の連続ヒットなどで4点を追加し、試合を決定づけた。レフトオーバーのタイムリーヒットを放った吉岡は途中出場。明治は層の厚さも見せつける試合となった。

対する東京は6回裏、四球とバッテリーエラーを足掛かりに、4番・石井裕人(広島大学附属福山)のタイムリーヒットと続く工藤の内野ゴロで2点を返し、8回裏にはクリーンアップ3人の連続ヒットでさらに1点を返したが反撃はここまで。明治が東京を10‐5で下した。


合計13安打と打線に勢いが出てきた明治。投打を組み合わせてリーグ上位に食い込んでいけるか非常に見どころである。一方の東京は与四死球が合計15と課題が明らかとなった。次戦以降はこの課題を克服し勝利を目指したい。

文:富岡俊平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です