開幕カードは血の明法戦、打撃力を見せつけた法政|法政×明治 1回戦

Pocket

◇明治5-10法政
18日・いせはらサンシャインスタジアム

昨年度は怪我で戦線離脱していた飯島(成城)のタイムリーツーベースや、代打で登場した石橋(朝霞)の決勝打など、3年生の活躍で法政は初戦を勝利で飾った。

ついに開幕したリーグ初戦の試合。勝敗によって今後のリーグ戦の流れを大きく左右する、両チームにとって大事な一戦であった。チャンスで打線が繋がり、二桁得点をマークして守備に弾みをつけた法政。一方、終盤まで相手を苦しめ、高い打撃力を見せつけた明治。力の差を感じさせない、緊迫したシーソーゲームとなった。

1回裏、先制点をあげたのは法政。1番・奥西(高輪)がセカンドの内野安打で出塁すると、2球目に相手の隙をつきディレードスチールを決める。3番・加藤(修徳)、昨年度は怪我で出れなかった5番・飯島がタイムリーヒットを放ち、2点を先取。3回表にヒットとエラーで1点を返されるが、3回裏にも、相手のエラーでチャンスを作ると、またしても5番・飯島がライト線へのツーベースで1点を追加した。
明治は4回表、先頭が四球で出塁したことをきっかけにチャンスを広げ、1アウト2,3塁に。7番・古賀(駒沢大)のスクイズと9番・(秦野)のタイムリーで同点に追いつき、力の差を感じさせない。この試合これ以上点をあげられない法政はエース崎村(長崎南山)を登板させピンチを凌ぐ。

4回表から登板し、好投を続けた・崎村旭(長崎南山)

同点で迎えた6回表の明治の攻撃、8,9番が四死球で出塁すると法政はエラーで2点を失う。しかし、このままで終わらないのが”逆転の法政”。6回裏、連続安打などで1アウト2,3塁とすると5番・飯島が放った打球を相手が失策。これで2点を追加し、法政は同点とする。その後、代打・石橋はしぶとくライト前にタイムリーヒットを放ち、ランナーがホームに還ったことで逆転に成功。石橋は「劣勢の状況でも頑張っていたプレイヤーのために期待に応えたかったです。逆転の法政の流れに乗れたので良かったです。」とコメント。その後法政は、8回裏に1アウトからヒットで出塁したことをきっかけに打線が繋がり、この回一挙4点を追加する。

チャンスでランナーを返し、3安打猛打賞・飯島弘太(成城)

「打撃を買われファーストでの起用となり、キャプテンの期待に応えられるように必死でした。ここでしくじるとレギュラーがなくなると思いながら打席に立ちました。守備がひどかったので、打撃で貢献できてよかったです。」そう振り返るのはこの試合大活躍の5番・飯島。また、5打数4安打とタイムリー、チャンスメイクと活躍した主将・加藤、2年生ながら3安打猛打賞と盗塁でチームを牽引した森山(工学院)など法政は守備でミスこそ見られたが明治相手に2桁安打、2桁得点とこれからのリーグ戦の結果が楽しみになるプレーを見せつけた。
4回途中から登板した崎村は味方のエラーで失点はしたものの、明治打線を完全に封じ込んだ。その結果、見事法政は初戦突破を果たした。来週には立教戦が待ち構えるためリコタイの申し子である崎村にインタビューをした。「水町(福井商業)と対戦したいです。リコタイで一番強いバッターだと思うし、自分とやれば盛り上がる対戦になると思います。自分なら抑えられる自信があります。去年から自分と勝負しろと記事でも、球場でもラブコールを送っているのでそろそろ応えてほしいです。」やはり今年も、崎村を打ち崩すことは出来ないのだろうか。2人の対決が叶うのか、ぜひ注目したい。

文:近藤幸雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です