先発全員出塁!投打で圧倒した明治が快勝│明治×早稲田 1回戦

Pocket

◇明治8-1早稲田
14日・駒沢オリンピック公園総合運動場硬式野球場

約2ヶ月半ぶりの試合で今季初勝利を目指す明治と、勝って単独首位でリーグ戦を折り返したい早稲田。今季初の紫紺とエンジの対決は初回に3点をあげた後も得点を重ね、反撃を許さない完璧な試合を展開した明治が7回コールドで圧勝した。

明治は初回、1年生で唯一スタメン出場の1番・松本朋大(昭和)がセンターへのヒットで出塁すると2番・富岡俊平(城東)もフォアボールで出塁しチャンスを作る。続くキャプテンの伊藤秀真(新宿)が左中間への先制タイムリーを放ち、その後もエラーと5番・伊藤大貴(桜丘)の犠牲フライでランナーを確実に還して3点を獲得する。

2回にも明治打線はチャンスを作り、初回の猛攻の起点となった松本、富岡のレフトへの連打でさらに2点を追加して早稲田に5点の差をつけた。
守りでは3回、三遊間を抜けそうな当たりにサードの松本が飛びつき、ゴロアウトにするというファインプレーで魅せた。先制のホームインにタイムリー、さらに華麗な守備を見せた松本は「先輩方に気楽にプレーさせていただけているので自分のプレーが出せて良かったです。3番の秀真さん(伊藤秀真)が自分が出塁すれば還してくれると信じていたので、先頭はまず塁に出る事だけを考えていました。結果としてヒットになって良かったです。次の試合でもまたヒットを打ってチームの勝利に貢献します。」と今後の活躍を期待させるコメントを残した。

攻守で活躍した松本

打線が順調に点を重ねる中、これまで全試合で先制し複数得点を挙げてきた早稲田打線を相手に先発の川上裕陽(甲南)が好投した。ランナーを出しながらも緩急のついたピッチングで要所を抑え、5回を投げ切り無失点とエースらしいピッチングを披露した。
川上は「100点で点数をつけるなら10点くらいです。ボール球が多くテンポが悪かったです。相手に流れを持っていかれてもおかしくなかったのですが、キャッチャーの金山君(金山拓矢⦅獨協埼玉⦆)のリードや富岡君(富岡俊平)、松本君(松本朋大)のファインプレー、ベンチからの声掛けなど本当にチームに助けられました。ありがとう。」とチームへの感謝の言葉と共に試合を振り返った。そして「4、5回と3人で抑えることができた後、それに応えるかのようにバッター陣が点を取ってくれました。ピッチングが良ければチームを勢いづけることができることを実感したため、次回は勝利を呼び込むテンポの良いピッチングができるようにしっかりと調整したいと思います。」と意気込みを語った。

一方の早稲田は2番手として登板した藤本怜児(西)が3、4回は持ち前の打たせて取るピッチングで追加点を許さなかった。しかし明治打線に2巡目の対決で攻略され、7番・吉岡琉平(横浜平沼)と9番・宇津見達也(佐賀北)のダメ押しのタイムリーで8点のリードを許した。

1点が遠い中、6回に4番・青木元寿(海老名)のレフトへのソロホームランで1点を返す。「前の2打席はチャンスで凡退していたので、なんとかチームに勢いを持って来れるように意識して打席に入りました。」と自身にとってリーグ戦初となったホームランの打席を振り返った。さらに「個人としてはチャンスで打ってチームの勝利に貢献するために努力します。今季は監督という立場なのでチームの優勝を最優先に頑張り、欲を言えば1年の頃からの目標である本塁打のタイトルも取りたいです。」とリーグ後半戦への意気込みを語った。
さらに6、7回は山田純平(國學院大學栃木)と中島啓貴(攻玉社)がそれぞれ明治打線を抑えて反撃の兆しを見せた。しかし願い叶わず、明治の2番手・堀野舜平(小山台)が青木のホームラン以降はランナーを出さない完璧なピッチングでスコアボードに0を並べた。

ホームランを放った青木

要所を抑えるピッチングで得点を許さなかった投手陣と、先発全員出塁を果たし溜めたランナーを確実に還す繋がりを見せた打線で圧勝した明治。投打がかみ合った今季初勝利はチームに勢いをもたらすだろう。
暫定2位の早稲田は今週、暫定1位の立教との直接対決を控えている。これまで安定して得点を重ねてきていた打線が再び奮起できるのか。
リーグ後半戦を迎えたチームも増え、間もなく優勝への道筋も見えてくるだろう。どのチームがリーグを制すのか、楽しみである。

文:浅野希子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です