「リーグの頂点に立ち続けられるように貢献」注目選手インタビュー|立教大学編

Pocket

第3弾は、早稲田とともに熾烈な優勝争いを繰り広げている立教。悲願のリーグ優勝に向け、後半戦を引っ張っていくであろう2人をインタビューした。

#11 尾崎拓也(3年・県立津田沼)

力強い打撃力と高い身体能力を生かした走塁に期待がかかる尾崎

ーー今回の主な推薦理由として力強い打撃が挙げられていますが、打席ではどのようなことを考えていますか?

相手の配球は軽く考えてます。自分の打順とか前の打席の終わり方とか色々加味した上で、なんとなくこういうボールが来そうかなっていうのを考えながら打席に立ってます。

ーーなるほど!試合の中で様々な情報に基づいてある程度狙い球を絞るようにしているということですね!
また、どちらかというと中・長距離打者に近い打撃をすると思うのですが、周りの選手と比べると決して体格が大きいわけではない中であれだけボールを飛ばす秘訣があれば教えて頂きたいです!

まず筋肉質な体で産んでくれた親に感謝ですね笑
あとは、バックスピンをかけるスイングが身についた事が飛ばせている理由かなと思います。

ーーバックスピンですか!木製硬式野球の打ち方としてはよく挙げられますね!
加えてチームでは走力での活躍も期待されていると思うのですが、塁に居る時に心がけていることはありますか?

とにかく次の塁を狙うことだけ意識しています。投手が投げるボールがキャッチャーに届く瞬間、中継に返すボールがショートバウンドになりそうな瞬間等、ボールが人と接触する瞬間を特に注視して動ける準備をしています。

ーーとても大事なことですね!当たり前のことですが、今年の立教はチーム全体としてそういったことを徹底できているからこそ首位にいる気がします!
リーグ内にライバル視している、もしくは尊敬している選手などはいますか?いれば理由とともにお願いします!

水町くん(立教・3年 水町和葵)です。これはライバルも尊敬も両方彼です。ライバルとしてあげるのはおこがましい話ですけど、負けないように食らいついていくっていう意味でライバルとして挙げさせてもらいました。尊敬しているって言う点に関してはもう周知の通りですね。誰が見てもすごい選手だと思いますしリスペクトしてます。

ーー2年連続ベストナインを取るなど、立教はおろかリーグを代表する選手である水町さんはやはりチームメイトから見ても別格ですよね!ぜひ切磋琢磨してこれからも高めあってください!
今シーズンも折り返しとなりますが、後半戦の目標や注目してほしいところなどがありましたら教えてください!

立教がリーグの頂点に立てるよう自分の持てる力で最大限貢献できるようなプレーをしたいと思います!

次ページ:石井滉太郎(2年・世田谷学園)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です