1点差の激戦を逃げ切った明治が白星をあげる│法政×明治 2回戦

Pocket

◇法政3-4明治
7日・上柚木公園野球場

今季2戦目の対決となった法政と明治。両チームともにリーグ優勝に向けて1試合も負けられない中での緊迫した1戦は、より安定した打撃を見せた明治が勝利した。

試合の前半、明治打線が流れを作った。1回の裏、2番・藤﨑匠生(高知中央)がフォアボールで出塁、盗塁を成功させ1アウトランナー2塁のチャンスを作ると、4番・伊藤大貴(桜丘)がセンター前にタイムリーを放ち1点を先制する。続く2回は2アウトから、8番・服部碧人(都立国分寺)、9番・飯村純弥(川越東)のレフトへの連続ヒットにより明治が2点目を追加。流れに乗った明治は4回にもノーアウトで6番・遠藤颯(県立湘南)がショートへの内野安打で出塁すると、続く7番・高柳青生(県立市ヶ尾)のレフト前ヒット、1番・宇津見達也(県立佐賀北)の犠牲フライにより1点を追加。

センター前にタイムリーを放った伊藤

勢いの止まらない明治打線はさらに5回、2アウトから5番・高垣豊(都立城東)がフォアボールで出塁。続いて代打で出場した三浦竜蔵(駒込)と7番・高柳によるライトへの連続ヒットなどでさらに1点を追加し、法政との差を4点と大きくリードした。

この回の打席についてタイムリーを放った高柳は、「1年生の豊(高垣)と竜蔵(三浦)がチャンスを作ってくれて、同じ1年生としてなんとかランナーを返したいと思っていました。良い当たりではなかったですが、結果が出て良かったです!前回の試合の反省もあり、今日は初球から積極的に振っていこうと決めて打席に立っていました。打席に立つ前に投手にタイミングを合わせるなどしっかり準備が出来ていたことも今日の結果に繋がったのかなと思います。」と振り返った。また次回以降の試合について「今チームはすごく良い状態で試合ができていると思うので、1年生ですがチームに少しでも貢献できるよう精一杯頑張っていきたいと思います!」と表明した。

レフトへタイムリーを放った高柳(写真中央)

対する法政は1回に2番・片岡勇貴(明法)によるライト前ヒットがあったものの打線が繋がらず、2回から5回までは三者凡退が続くという苦しい展開となった。
何としても点を取り返したい6回、ついに反撃が始まる。2アウトから1番・土井史鷹(川越東)がサードへの内野安打、2番・片岡がセカンドへの内野安打により連続で出塁。続く3番・森山和紀(工学院)がフォアボールで出塁し一気に2アウト満塁のチャンスをつくると、打席にはチームのキャプテン・近藤幸雄(市立橘)。両チームともに緊張感が漂う中、スマートな一振りでレフトに走者一掃のタイムリースリーベースを放ち、明治との点差を一気に1点に縮めた。

近藤にどのような気持ちでこの打席に立ったのかを聞くと、「高校の時から大事な場面ではいつも集中できるので、自分を信じてどうせ打てるくらいの気持ちでいきました。また、チームの打撃が前回の慶應戦から良くないので、キャプテンで4番の自分が返すしかないと思って打席に入りました。調子が良くなかったので、結果的に打ててほっとしましたし、本当にたまたま打てたなと思いました。」と振り返った。また今後の意気込みについて、「チームとしては連敗してしまったことで優勝が遠のいてしまったので、次からの1戦を大事にしたいです。個人としてはもっと1球1球に集中して打撃の調子を上げ、チームに勢いを与えるバッティングをしたいです。」とコメントした。

9回を完投したエース・堀野

6回で法政3-4明治と1点差まで詰め寄った法政だったが、反撃もあと一歩及ばず。9回までの攻撃は両チームともに大きな動きがなかった。白熱の首位争いは、1点を守り切った明治が勝利し、勝ち点を奪い取った。
この試合で勝ち投手となった明治のエース・堀野舜平(都立小山台)は6回に3失点したものの、その他の回では安定したピッチングを見せ9回を129球で見事完投した。


明治は今季6勝目と順調に白星を増やしている。今後の試合もこの調子で勝ち続け、悲願のリーグ優勝を掴むことができるのか。一方、法政はチームの連敗を止め首位に浮上することができるのか。今後の2チームの試合の行方に注目したい。

文:明官亜季

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です