「元4番」の9番打者・下田が決勝打!苦しみながらも早稲田が今季初勝利|早稲田×法政 1回戦早版

Pocket

 

◇早稲田6-1法政

28日・ダイワハウススタジアム八王子

決勝の三塁打を放ちガッツポーズを見せた下田

 

昨季リーグ戦の1位対2位。開幕早々に訪れた大一番を制したのは王者・早稲田だった。

先発マウンドに上がった多田雄一(柏陽)が要所を抑えるピッチングで流れを呼び込み、3回に相手投手の暴投で山下雄大(成城)が幸先よく先制のホームイン。6回からは温存していたエース南智樹(米子東)を投入して逃げ切りを図るも、守備陣にミスが出て同点に。しかし1-1で迎えた8回裏に1死満塁のチャンスを作ると、調子を落とし9番に打順を下げていた下田武史(早稲田実業)がセンターの頭を超える3点タイムリーを放ち勝ち越しに成功。続くチャンスでも相原豪(盛岡第一)のタイムリーで2点を追加し、9回表を南が危なげなく投げ切りゲームセット。早稲田が星を五分に戻した。

法政は随所で好守を見せるも打線が1安打に抑え込まれ、開幕二連勝はならなかった。

 

山下の好走塁が早稲田打線の口火を切った

写真・文:小池颯

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です