春合宿直前インタビュー!最上級生の胸中に迫る|オフシーズン特集2020 〜慶應義塾大学編〜

Pocket

「今年は早稲田に勝って優勝する」と2019年主将・飯塚が誓った春合宿。今年もこの季節が間近に迫っている。昨季慶應は4年ぶりのリーグ優勝を果たし、「陸の王者」としての強さをリーグ全体に知らしめた。今季も持ち前の守備力を発揮し、2年連続で栄冠を掴み取ることができるのか。守備の要となる新主将・根井優成をはじめ、これからチーム慶應義塾の中核を担っていくメンバーたちの胸中に迫った。

主将 根井優成

まずは今季のチームスローガンと、そこに込めた想いを聞かせてください。

今季の慶應のスローガンは「ENJOY BASEBALL」です。
これは元慶應義塾高校野球部監督の上田誠さんの教えで野球の堅苦しいイメージを払拭しようとしたことが起源です。その点リコタイではそのような堅苦しいイメージはなく純粋に野球を楽しめる場だと思います。
野球を楽しむことを前提にその中で試合に勝つことを目標に1年間頑張っていきたいです。

慶應の新キャプテンとして、どうありたいですか?抱負などを教えてください。

昨シーズンリーグ優勝のチームのキャプテンとしてチームを勝利に導けるキャプテンでありたいと思っています。プレーだけでなく声などでもチームを引っ張っていきたいです。

2月から開幕戦に向けて全体練習が開始しました。新チームの印象や雰囲気を教えてください。

昨年はスタメンのほとんどが3年生だったこともあり、レギュラー争いは一からスタートということでみんなレギュラーを取るために切磋琢磨して練習に励んでいます。

逆に、他の大学の印象などはどうですか?特に手強そうな相手もあれば教えてください。

どの大学にもいいピッチャーがいるなという印象です。
ただ打つだけでは攻略は難しいと思うので、ランナーを動かしながら攻撃しなきゃいけないなと思っています。昨シーズンの主力がたくさん残っている明治や、安定した成績を残している早稲田は要注意かなという印象です。

昨年4年ぶりのリーグ戦優勝を成し遂げ、チーム力の強さを見せつけましたが、今季特に注目の選手はいますか?

やっぱり昨シーズンMVPの宮田や本格派の上田を中心とするピッチャー陣ですかね。サウスポーの林さんが抜けた穴は大きいですが、それでも昨シーズンから投げているピッチャーがたくさんいるので期待したいですね。ピッチャーを中心に守り勝つ野球が今年のチームの軸になると思います。

次ページ:副将・マネージャー長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です