春合宿直前インタビュー!最上級生の胸中に迫る|オフシーズン特集2020 〜早稲田大学編〜

Pocket

3年・南智樹が投手タイトルを総なめにし、周囲を沸かせたあの納会から早2か月。恒例の早慶戦もそう遠くはない。昨季ZETT杯では王者の意地を見せ二連覇を達成したものの、リーグ戦は惜しくも優勝を逃した早稲田。雪辱を果たすべく、今季もリーグ屈指の投手力を武器に二冠奪還へと突き進む。その大きな背中でナインを牽引する新主将・以後光一をはじめ、これからチーム早稲田の中核を担っていくメンバーたちの胸中に迫った。

主将 以後光一

まずは今季のチームスローガンと、そこに込めた想いを聞かせてください。

今年のスローガンは「Spotlight」です。全員にそれぞれの長所を活かして野球を楽しんで欲しい、というのが一番にあります。グラウンド上の選手だけでなく、ベンチ、ブルペン、引いてはグラウンドにいなくてもそれぞれの形でチームに参加して、自分も勝利に貢献した、と言えるチームになって欲しい。そのためには、自分以外の人の出番と時には、その活躍を支えられるようなチームになればいいなと思っています。

早稲田の新キャプテンとして、どのような存在でありたいですか?理想とするキャプテン像などがあれば教えてください。

この人いなくていいんじゃないか、くらいの存在でいたいです笑

去年の別府さん(2019年度主将)、一昨年の松岡さん(2018年度主将)のようには僕はなれないんで、僕を含めて各々が自分なりに考えて、動いてくれるのが理想です。そして、試合ではみんなを僕が輝かせられるといいですね。

昨季と比べた新チームの課題点、また魅力や強みは何だと思いますか?

いい意味でも悪い意味でも今年も投手のチームです。抑える投手を打線が援護する。投打が呼応するように活躍するのをご期待ください。

他大学について現在抱いている印象があれば教えてください。

昨年優勝の慶應さんはもちろん、勝ち点を取られた立教さん、ZETT杯準優勝の法政さん、毎年苦しめられる明治さんに、年々力をつけている東大さんと、それぞれ気を抜けません。お手柔らかに。

今季、チームに期待することや協力してほしいことなど、チームのみんなへ何かメッセージがあればお願いします。

僕に任せろ、ついて来い、というよりかは、それぞれ王者早稲田の一員として、自信を持ってプレーしてくれれば結果はついてきます。二冠奪取!

次ページ:副将・マネージャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です