「とことん野球を楽しんで勝つ」幹部インタビュー|新歓特集2021 第2弾~明治大学編~

Pocket

2019シーズンの覇者である慶應に唯一の黒星をつけたものの、2年連続のリーグ戦4位と優勝から遠ざかっている明治。しかしながら、内野陣には昨季からのレギュラーが多く残っており実力は充分。今季こそ栄光を取り戻すことができるか。実力者揃いのチームをまとめる主将・副将の2人にラストシーズンへの思いを語ってもらった。

主将 #24 伊藤秀真(都立新宿)

今年のスローガンとその想いを教えてください。

今年のスローガンは「とことん野球、試合を楽しんで勝つ」です!去年は新型コロナウイルスの影響で思うように試合も練習もできませんでした。そのため今年こそはリーグ戦を完遂したいという気持ちです。そして、やはり試合に勝たないと面白くありません。だから、勝つことに対して貪欲に行きたいです。

これからどんなチームにしていきたいですか。

新チーム結成以来、試合や練習をしていないので正直わかりませんが、これから練習や試合を通じて居心地の良い楽しいチームにしていけたらと思っています。そのためには横のつながりだけではなく、縦のつながりも強くしていきたいです。もちろん野球の方もリーグ戦優勝とZETT杯優勝を目指しています。今年は去年の主力が多く残っているので期待できますし、新入生のフレッシュな力も合わさって非常に楽しみです。何より楽しく野球ができたらなと思います!

今年のチームの強みと課題を教えてください。

チームの強みは例年通り元気さと明るさです。明治の1番の強みである元気さと明るさで、相手チームを蹴散らします!一方で、終盤の弱みが大きな課題としてあります。そのため、いかに序盤中盤に点数を稼ぐか、いかに終盤の失点を最小に抑えるかが重要なポイントになってきます。こうしたポイントを押さえて、一戦一戦全力で戦いたいです。

チームメイトへメッセージをお願いします。

明るく楽しくいこうぜ!そして、リーグ戦優勝・ZETT杯優勝頂こうぜ!

最後に新入生に向けて一言どうぞ!

明治でやる野球は最高です!是非明治で元気で楽しい野球を一緒に味わいましょう!!

次ページ:副将

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です