「まずは一勝!」幹部インタビュー│新歓特集2021 第2弾~東京大学編~

Pocket

新歓特集第2弾幹部インタビュー2021、最後を飾るのは東京大学。昨年度のリーグ戦や公式戦では勝利を掴むことはできなかった。しかし、年々選手たちが確実に実力をつけていることは確かである。今年度は、さらなる成長を遂げ、新たなチームで一勝という第一歩を踏み出すことはできるのだろうか。今後の期待を背負う新主将・牧島俊介と副将・河内淳喜に話を聞いた。

主将 #3 牧島俊介(浅野)

丁友会をどのようなチームにしたいですか?

まずは、勝てるチーム作りをしたいと思っています。丁友会の良いところである” 上下関係が厳しくない和やかな雰囲気 “を残しつつ、グラウンドではしっかり勝つために一人一人が役割を果たせるようにしていきます。

スローガンとその想いを教えてください。

一勝!!ここ数年で勝ち星をあげられていないので、「いい試合ができた…」「途中までは勝ててた」ではなく、しっかり勝ち切ることを強く意識していきたいです。

丁友会の強みと課題は何だと思いますか?

強みは、人数が少ないため、全員がしっかり試合経験を積んでいることです。
課題は、他大に比べて野球があまり上手ではないことです。根本的な課題解決のためには、練習量・質の向上、新入生勧誘への注力による競争激化、意識改革を図り実力を上げることしかありません!

チームメートへのメッセージをお願いします!

他大に比べて、実力が足らない分、抜け目ない野球をしてなんとか一勝を勝ち取りましょう。

最後に、新入生へのメッセージをお願いします!

「高校まで頑張ったから、もう野球はいいか…。硬式は疲れるから軟式にしよう…。」と思っている新入生の皆さん!
大学で新たな環境で硬式野球をすることで、野球の楽しさに気づかされることが多々あります。
丁友会硬式野球部では、授業やほかの活動と両立しながら野球を存分に楽しめる環境が整っているので是非、入ってください!チーム一同お待ちしています!!

副将 #5 河内淳喜(高槻)

副将として、チームの中でどのような役割を果たしていきたいですか?

副将として、まずはプレーでチームを引っ張っていけるようにしたいと思います。
また、主将の牧島君を中心としたチーム作りの中で、自分は決定事項や注意事項などを部員全体に齟齬なく伝えたり、部員の意見を集めて、よりよい作戦、運営につなげたりすることができればいい思っています。そして、チーム全体が一つになって勝ちを目指せるための潤滑油のような役割をできたらと思っています。

最後に、新入生へのメッセージをお願いします!

一緒に勝利を目指して頑張りましょう!
勉強とも両立しやすい環境です。

取材・編集:平田夏海

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です