「あとは俺が試合を決めるだけだと思った」  慶應・長橋一徹(洛星)試合後談話|リーグ開幕戦 早稲田×慶應

Pocket

 

 

 

 

サヨナラ打を打った長橋(慶應右から3人目)

4打数無安打で迎えたサヨナラのチャンス。どのような思いで打席に向かった? 

最高の場面で回ってきてラッキーだと思いました。あとは俺が試合を決めるだけだと思って打席に入りました!

 


宮田駿二の負けを消し、上田裕介に大学初勝利をプレゼント。 2人の同期投手が踏ん張って掴んだ逆転勝ちをどう感じるか。

 

初登板にも関わらず宮田が物怖じしない投球で試合をつくり、終盤の厳しい場面で登板した上田も気迫を見せてくれました。本当に頼もしい同期達だと思います。

 

宿敵・早稲田から入学後初めての勝利。昨年末のZETT杯決勝では4番として悔しい思いをした(4打席で3三振)。やはり早稲田からの勝利は格別か?

 

ZETT杯決勝では早稲田の優勝を目の前で見せつけられて悔しい思いをしました。そのぶん早稲田に勝てて本当に嬉しいですし、昨年の借りを返したという点で引退した先輩方に捧げる勝利となったと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です