松本幸大(調布南)×東宙成(青山) 今だから明かせる信頼の物語。 | 法政ー早稲田 2回戦

Pocket

リコタイJAPANの背番号4、松本幸大は苦しんでいた。
グループリーグの2試合でいずれも大量得点を挙げていた打線の中で、「3番・DH」に座る松本にだけヒットが生まれていなかった。守備を免除された上で、チームで最も優れた打者が置かれる打順にも関わらず、だ。

法政大学・松本幸大(調布南)

主将を務めた東宙成も、大会前から「強力な野手陣が揃う中で誰をDHにするかというのは特に悩んでいました」と語る。そして「準決勝ではここで1度打順を下げるという話を正捕手の上原(一将・早稲田)と林(克樹・慶應)にはしていました」という。

しかし、結果的に東は大会を通じてオーダーを変えることはなかった。


「東の気遣いと松本の漢気。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です