リーグ再開初戦は法政が東大に完勝!7者連続三振で締めた崎村旭が初勝利 | 東大×法政 2回戦

Pocket

 

結果

チーム1234567
東京1012000
法政4410101

 

 

テスト期間による中断明け初戦は、法政が東大を寄せ付けずに11-4で7回コールド勝ち。法政は開幕戦に続いて東大に連勝となり、六大学一番乗りで勝点1を手にした。

1点を先制された後攻の法政は、4番起用されたルーキー奥西賢太郎(高輪)のタイムリーで初回にすぐさま同点。この回に植草大成(船橋東)の適時内野安打などで更に3点を追加すると、2回にも6番・加藤比呂(修徳)のタイムリーなどで一挙4点を挙げ試合の主導権を握った。

先発したエース平山皓太朗(鶴嶺)の後を三浦斎生宮本新平と繋ぎ、5回からは注目ルーキーの崎村旭(長崎南山)が登板。3イニングで8つの三振を奪う快投を見せ、4回までに4点を返し懸命の追い上げを見せていた東大打線の息の根を止めた。崎村は4試合目の登板で嬉しい初勝利となった。

 

東大は序盤から失点を重ね、法政に勝ち点を献上。打順を組み替えた打線は7安打を放ち粘りを見せるも、最後まで序盤に許したリードをはね返せなかった。

 

俣野公園・横浜薬大スタジアムでの初のリコタイ開催となった

写真:遠藤南月

文:小池颯

リーグ再開初戦は法政が東大に完勝!7者連続三振で締めた崎村旭が初勝利 | 東大×法政 2回戦” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です