前回の雪辱を果たし見事勝利!立教戦に続き連勝|東大×法政 2回戦

Pocket

◇東京4-3法政
24日・上柚木公園球場

慶應戦でコールド勝ちを収め現在リーグ2位と実力のある法政に対し、立教戦で悲願の初勝利を果たし勢いのある東大。結果が予測できない今ゲームは、エースの完投や堅実な守備、チャンスをヒットで繋ぐシュアなバッティングで東大が白星をあげた。

初回の攻撃、東大はフォアボールで出塁の後、法政の好手・五十嵐大智(高志)からチャンスを逃さず4番・長谷川暁夫(阿佐夫)がセンター前にタイムリーを放ち、先制点を取った。試合が進んだのは4回表、相手のエラーで出塁した東大は5番・木暮修平(県立川崎北)がレフトへヒット。その後フォアボールで満塁になると前嶋優希(船橋)によるサードゴロの間にランナー2人が生還し、3点差をつける。それにとどまらず、5回の表にフォアボールと木暮のヒットによりランナー1・2塁となった場面で、6番・小川幹太(県立相模原)が内野安打を打ち1点を重ねた。

レフトへヒットを放つ5番・木暮

一方4点を追う法政は、その裏の攻撃でフォアボールで出塁すると犠打で2塁へと進み、7番・古谷一真(桐蔭学園)がレフト前ヒットを打ち1点を返す。8回裏、先頭打者の古谷が再びレフトへのヒット。続く8番・井上祐(桐朋)、9番・平牧勇大(横浜平沼)がフォアボールで満塁に。ワンアウト満塁で2番・岩﨑照英(成田)のライト前ヒットにより古谷がかえり1点追加。さらにその後デッドボールにより押し出しとなり、1点差に迫った。

最後まで目の離せないゲームだったが、最終回は両者ともに投手が粘りヒットを許さず、東大が逃げ切り勝利を収めた。

東大の9回完投10奪三振の勝利投手・天池空(県立相模原)は、「1番大きかったのは、チームとして目立った守備のミスがなかったことだと思います。バックの助けが、支えがあったから完投することができました。チーム全体でもぎ取った価値のある1勝だと思います。」と試合の勝因を振り返る。

勝ち投手の天池

東大はこのまま連勝記録を伸ばしリーグトップへ躍り出ることはできるのか、期待が高まる。

文:青柳里佳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です