満塁のチャンスで走者一掃のタイムリー!川島優太(柏南)|法政×東大 1回戦

Pocket

◇東京3-6法政
20日・上柚木公園球場

前回の立教戦では大量失点を許し、守備に不安があった法政。しかし、この試合では最小限のエラーと失点で見事勝利。東大は初戦をものにできなかったものの最後まで法政に食らいつき、次の試合に繋がる試合内容となった。

先制点を挙げたのは東大。1回表に1番、3番がフォアボールで出塁すると、ランナー1,2塁で4番・会川がセンターオーバーのタイムリーツーベースを放つ。2塁ランナーがホームにかえり1点を先制するも、1塁ランナーは法政のショート・森山(工学院)の好返球によりホームでタッチアウト。これで流れを切りたかった法政だが、続く5番・高橋にもタイムリーヒットを打たれ、この回に2点を失う。

法政はこの試合1人目のヒーローであるルーキー・岩﨑(成田)が2回裏に躍動。ワンアウトから7番打者がエラーで出塁すると、8番・岩﨑が左中間にタイムリースリーベースを放つ。また、中継プレーが乱れている間にバッターランナーもホームに生還し、同点に。岩﨑は一打席目について「初球を振るということだけを決めて打席に入りました。」と振り返り「打った瞬間は守備のいないところに飛んで欲しいと思いました。結果的に守備のいないところに落ち、長打となったので安心しました。」と一年生らしからぬ打球と落ち着きでチームの勝ちに貢献。その後、法政は3回裏、東大は4回表に1点を追加すると同点のまま試合が進んだ。

先制点を挙げた8番・岩﨑(成田)

法政は先発・五十嵐(高志)が尻上がりに調子をあげ、1回以降安定感のあるピッチングを見せた。5回から7回までは保科(岩村田)、その後は崎村(長崎南山)とリリーフ陣が東大を完璧に抑え込んだ。それに対抗するように東大は4回からマウンドに上がった天池(県立相模原)が法政打線を抑え込む。

先発として試合を作り好投を続けた・五十嵐(高志)

試合が再び動いたのは法政の2人目のヒーローである9番・川島(柏南)が8回裏に均衡を破る活躍をする。この回、4,5番の連打でチャンスを作ると6番・古谷(桐蔭学園)のバントがフィルダースチョイスとなり満塁に。7,8番が凡退してしまうが、ツーアウト満塁から9番・川島が左中間に走者一掃のタイムリーツーベースを放つ。タイムリーを放った川島は「打席前はひろ(法政・加藤比呂)からセーフティバントを狙えと言われ、打席に入りました。バットを構えた時までセーフティバントをするつもりだったがサードが比較的前にいたのでヒッティングに切りかえました。そのおかげで余計な事を考えずに打てました。」と振り返り「今までチームの力になれていなかったので、ようやく仕事が出来たという思いと、多くのチームメイトが喜んでいてくれてとてもうれしかったです。」と語った。川島は大学に入ってから公式戦でヒットを放ったことがなかった。しかし、この試合では2安打3打点と「打てるキャッチャー」をアピールし、勝利に貢献した。

8回に勝ち越しタイムリーを放った9番・川島(柏南)

岩﨑、川島の2人の活躍によって法政は見事勝利した。その他にも五十嵐のあとに登板した、保科の完璧なリリーフやリーグ戦で13打数9安打と驚異の打率を残している加藤のバッティングなどの活躍も目立っていた。東大は序盤に点数をとって最後まで法政を苦しめ、接戦を演じた。12安打を打たれるも粘り強く投げていたピッチャー陣や、いい当たりを数多く放っていた打撃力には今後期待がかかる。

文:近藤幸雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です