自力Vの夢消える…立教無念の敗戦│立教×早稲田 2回戦

Pocket

◇立教3-4早稲田
31日・小野路球場


自力優勝へ向けて落とせない一戦、勝利まであと1本が出なかった。

雨が降り頻る中行われた今季の優勝の行方が決まる大一番。立教の先発はここまで3勝を挙げ、投手四冠を目指すエース・小林陽人(桜美林)。
3回に不運なエラーが絡み3点を失う立ち上がり。5回にも先頭の1番・吉川将生(市立浦和)に右中間へ大きなツーベースを許し、2番・甲崎孝裕(早稲田大学高等学院)にもヒットが続きノーアウト1塁、3塁でクリーンナップを迎えるピンチを招くが、頼れる女房役である主将・北里洸太朗(山手学院)の好判断と落ち着いたピッチングでこの回を1点で抑えた。小林は7回を投げ被安打5、自責点1の好投で試合を作った。

登板している試合で好投を続けるエース小林(桜美林)

3回に3点を先制され、迎えた4回の立教の攻撃。先頭の3番・尾崎拓也(津田沼)が死球で塁に出ると、続く4番・北里が左中間を切り裂く当たりを放ちノーアウト1塁、3塁のチャンスを作る。5番・石井滉太郞(世田谷学園)のライトへの大きな犠牲フライにより1点を返した。

さらに2年生エースの力投に応えたい立教は8回に猛攻を見せる。代打・櫻木慶伍(天白)が四球で塁に出ると3番・尾崎も1、2塁間を抜けるライト前の安打で出塁。4番・北里が死球で続くと、満塁の場面で打席に入ったのは前の打席でも打点を挙げていた5番・石井。チーム内から次期4番の声も大きい長距離砲がボールをレフトへ運び1点を返す。ルーキーながら2試合連続でタイムリーを放っていた6番・丸田善大(瀬谷)の犠牲フライもあり1点差へと迫る。

ホームに還り笑顔を見せる3年・尾崎(津田沼)


しかし、この回途中で代わった今季未だ自責点0を維持する早稲田のクローザー・工藤智裕(成蹊)の前にはノーヒットが続いた。満塁のチャンスまで作ったがあと1本が出ず、反撃はここまでとなった。

立教は自力優勝に向けて負けられない試合であったため、試合前から3年の選手たちは特に気合いが入っていた。試合後には涙を流す選手もいたが、まだ早稲田が残る東京戦で敗北した場合には優勝の可能性があることから切り替えて次の試合に臨む必要がある。主将の北里は「優勝の可能性を繋げるためには勝つしかないので、今回の敗戦の悔しさを糧に全勝します」と決意を新たにした。


立教の次戦は来週(7日)の対東京戦。今季1度負けている相手なだけに今試合の敗戦をバネに勝ちきりたい一戦だ。リーグ戦最終盤、逆転優勝へ向けて最後まで諦めない粘り強さと勢いで、チーム一丸となって戦う。開幕直後の立教旋風を取り戻せるか、残りの試合に期待したい。

文:加賀谷千絵

自力Vの夢消える…立教無念の敗戦│立教×早稲田 2回戦” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です