主将・永田の一打で王者早稲田が有終の美を飾る|早稲田×東京 2回戦

Pocket

◇早稲田9-3東京(7回日没コールド)

14日・検見川総合運動場

前日の法政×立教2回戦で立教が敗れた為に、3年ぶりの優勝が既に決まっている早稲田と、この試合を含めて3試合を残し、1つでも順位を上げたい東京の1戦。早稲田がリーグ戦優勝を成し遂げた勢いそのままに東京を下し、8勝2敗と有終の美を飾った。

東京の先発は小川幹太(県立相模原)。縦の変化球と伸びのある真っ直ぐで早稲田打線を翻弄する。一方早稲田の先発は佐藤春介(東京学芸大学附属)。テンポのいい投球で東京打線を抑え込み、3回から得意の継投に入る。
試合が動いたのは3回の表。早稲田は、先頭の青木元寿(海老名)がセンター前ヒットで出塁すると、東京の守備のミスを突いて3塁まで進塁。このチャンスで、2番の吉川将生(市立浦和)がレフトオーバーのタイムリーツーベースを放ち、早稲田が先制に成功する。
対する東京は、続く3回の裏、先頭の1番・村山透滉(白陵)が四球で出塁すると、2番の牧島俊介(浅野)が内野安打で続く。さらに、相次いだ早稲田のミスに乗じて同点に追いつく。
5回の表、早稲田は先頭の2番・吉川が見事なセーフティーバントを決めると、3番・清瀨智大(新潟南)も内野安打で続く。ノーアウト1,2塁の場面で4番の主将・永田将義(ICU)がライトの頭上を破る2点タイムリーツーベースを放ち勝ち越しに成功する。さらにこの回にもう1点を加え、6回、7回にも追加点を奪いリードを8点に広げる。

勝ち越しの一打を放ち塁上でガッツポーズを見せる永田

最後まで反撃の機を狙う東京は7回に、この回からマウンドに上がった山本陽太郎(浜松日体)から2点を奪うなど意地を見せるが及ばず。ここで日没コールドとなり試合終了。リーグ戦優勝を成し遂げた早稲田がシーズン最終戦も勝ち、王者の貫禄を見せつけた。

今日の試合での引退を決意し、見事決勝打を放った永田は「みんながくれたチャンスだったので、悔いなく終わるためにもフルスイングしようと思いました。ZETT杯でも優勝して2冠を達成します。」と語り、監督に専念して望むZETT杯への思いも顕にした。

優勝を祝い胴上げを行う早稲田ナイン

リーグ戦優勝を成し遂げた早稲田にはZETT杯制覇・2冠達成に向けよい流れが続いている。東京には残り2試合、奮戦を期待したい。

文:高橋孝太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です