法政が投手戦を勝ち抜き2位浮上!!|法政×立教 2回戦

Pocket

◇立教0-3法政
13日・小野路球場

勝って2位を奪還したい法政と2位の座を死守したい立教との2回戦。試合はお互いの投手が最後まで投げ切る投手戦。今シーズン初のスタメンで出場した、法政の1年・土井史鷹(川越東)の活躍もあり法政が勝利した。

序盤の2回はお互いにヒットや四球でランナーを背負うも0点に抑える。3回裏に法政は、8番・川島優太(柏南)が四球で出塁すると、続く9番・土井の左中間へのツーベースで0アウト2,3塁にする。その後、2番・森山和紀(工学院)のレフト線へのツーベースで2点を先制。森山はこの打席について「1回戦の立教戦では自分の納得のいく結果が出せなかったので、今日の試合は自分が打って勝利に導きたいと思い打席に立ちました。」と強い気持ちで打席に入ったことを振り返った。

初のスタメン起用に応えた9番・土井

5回までは硬直した試合展開になっていたが、その裏に法政は追加点をあげる。先頭の1番・奥西賢太郎(高輪)がセンター前ヒットで出塁すると、初球に盗塁を成功させて、0アウト2塁とする。2番・森山が再びライト前にタイムリーヒットを放ち1点を追加。森山は「先発の五十嵐大智(高志)がいいピッチングをして試合を作っていたので、なんとかして追加点をあげたいと思って打席に入りました。」とこの試合で全ての打点をたたき出す活躍を振り返った。

今シーズン初めての打点が決勝のタイムリーとなった2番・森山

試合はこのまま3-0で終了。法政の先発・五十嵐は9回を1人で投げ切り、完封勝利を収めた。五十嵐は「リーグ最終戦ということもあり、後先考えずに初回から全力でいきました。前回の立教戦では不在だったため、今日は絶対に負けられないと思いマウンドに上がりました。1試合投げ切るというよりも1人1人に対して抑える、という気持ちを持って挑んだのが結果に繋がったと思います。珍しくショートのプレーも華麗だったので良いリズムで投げることが出来ました(笑)」と試合を振り返った。同じく立教の先発・小林陽人(桜美林)も9回を1人で投げ切り、10奪三振と好投。しかし、味方に援護点をもらえず敗戦投手になってしまった。

初の完封勝利となった先発・五十嵐

今回の試合で特に輝いていたのは1年の土井だった。初のスタメン起用にも関わらず、3打数3安打の猛打賞と危なげない守備でチームを牽引した。土井は「3年生最後のリーグ戦だったので、なんとしても勝ちたいと思って試合に臨みました。」と振り返り、3回の初打席については「先頭の川島さんが出塁したので、後ろに繋ぎたいと思い打席に立ちました。」と謙虚な気持ちで打席に入っていたことを明かした。


法政は今日の勝利で同率か単独の2位が確定した。立教は次の明治戦で勝利すると法政と同率2位となるが、負ければ4位となるため負けられない試合が続く。

文:近藤幸雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です