打線が爆発した早稲田、圧巻の8得点で勝利!│慶應×早稲田 3回戦

Pocket

◇慶應1-8早稲田 7回コールド
4日・小野路球場

慶應、早稲田両チーム互いに勝ち点をかけたリーグ最終戦。順位に大きく影響する重要な一戦を制したのは、攻守のリズムがかみ合い爆発的な強さを見せた早稲田だった。

早稲田はいきなり初回裏から打線がつながる。ヒットと四球でチャンスを作り、1アウト1,2塁の場面で3年・佐藤塁(桜美林)が左中間に痛烈なツーベースヒットを放ち、2点をもぎ取る。
さらに3回裏の攻撃でもヒットと四球でノーアウト満塁から押し出しにより1点を追加した後、3年・長谷川翔大(県立千葉)のツーベースヒットと3年・遠藤一成(桐光学園)のヒットによりダメ押しの4点を加え、この回一挙5得点と畳みかけていく。
続けて4回裏、早稲田は攻撃の手を緩めない。先頭打者が四球を選び出塁し、佐藤(塁)がこの試合3本目となるヒットを放ち2,3塁のチャンスを作ると、1年・宮崎和輝(県立湘南)が犠牲フライで3塁ランナーを生還させ、1点を奪取。


早稲田はこの試合8安打8得点をスコアボードに記録した。この試合猛打賞だった佐藤(塁)はヒットを放った3打席について、「最後のリーグ戦だったので思いっきり楽しんで打席に立とうと思いました。」と満足気に語った。

広角に打ち分け、この日猛打賞を記録した佐藤(塁)

対する慶應は、この試合最速140km/hの速球を投げる1年・新井大悟(川越東)のピッチングに対応しきれず、6回表までヒット2本と完封される。

慶應打線を3安打1失点で抑えた投手・新井

ところが6回裏、試合の流れが変わった。マウンドを託された増尾朱馬(川越東)が気迫のピッチングで調子のいい早稲田打線を無安打で抑えた。7回表の攻撃、慶應は先頭打者・関口直弥(芝)が右中間に痛烈なあたりを飛ばしチャンスを作り出すと、その後、1アウト1,3塁とチャンスを広げる。この回2点を返さなければコールド負けを喫してしまう慶應はこの試合一番の盛り上がりを見せる。

しかしここで慶應の勢いを一気に止めたのが早稲田のスタメンマスク・渡邉一登(早稲田佐賀)だ。チャンスを広げたい慶應は一塁ランナーが盗塁を試みる。すかさず渡邉(一)が矢のような送球でランナーを刺した。この1プレーにより、勢いが止められた慶應打線はその後ワイルドピッチで1点を加えるも、追加点が出なかった。早稲田は7回コールドで勝利と勝ち点をつかみ取り、リーグ戦における有終の美を飾った。


今日の試合を分けた要因は、打線のつながりや投手の調子とともに四死球やエラーの数であったかと思われる。リズムの良い攻撃はコンパクトな守備から生まれる。ZETT杯の開催まであと少し。短期間でそれぞれの課題を解決し、より一層水準の高い野球になることを期待したい。

文:北村悠真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です