1年生投手陣が大健闘!早稲田が実力伯仲の好試合を制す | 早稲田×法政 2回戦

Pocket

◇11日・江戸川区球場

結果

チーム123456789RH
早稲田00000060039
法政00000110029

法政としては負けたら勝点献上となる、なんとしても勝って第3戦へ持ち込みたい一戦。対する早稲田は先発投手に1年生石井智己(岡山朝日)を起用。9人中4人が1年生というフレッシュな布陣で臨み、東大戦に引き続きルーキーたちが活躍をみせた。

ルーキーたちが躍動した早稲田

初回、東大戦でも2本の2塁打を放った早稲田の核弾頭・山下雄大(成城)がライト前へ。無死で出塁するも後続を封じられ得点には結びつかず。その後も6回まで2塁打や連打などでチャンスを作るも無得点。スコアボードに0が並んだ。一方法政も自慢の強力打線が繋がらず、安打こそ出るものの早稲田先発石井智己(岡山朝日)の好投の前に無得点。両チームの苦闘が続いた。

法政先発・三浦斎生(明星)

5回まで続いた均衡を破ったのは後攻の法政だった。6回裏、2番田中博貴(立川)が死球で出塁すると好走塁で早稲田のエラーを誘い、4番加藤比呂(修徳)の打席で一気にホームへ。早稲田から貴重な先制点を奪った。

しかしやられっぱなしの王者ではなかった。続く7回、すぐさま反撃に転じる。崎村旭(南山)の制球の乱れに乗じ、先頭上原一将(松本深志)から2者連続四球で出塁すると、2番野宮健太(桐朋)がセーフティーバントを決め無死満塁とチャンスを広げた。4番青木元寿(海老名)の押し出し四球で1点を返すと続く吉藤夢来(川越東)、カウント1-1からの3球目。先の東大戦でも存在感を発揮したゴールデンルーキーがセンターの頭上を越す3点適時3塁打を放つ。さらに相手のエラーに乗じてさらに2点を追加しこの回一挙6得点。試合をひっくり返した。

3盗塁刺で存在感を見せつけた上原一将(松本深志)

法政はその裏、下位打線の連打などで1点を返すが許したリードをはね返せず。8回からは石井に代わりマウンドに上がった初登板の工藤智裕(成蹊)が落ち着いて抑え、リードを守りきった早稲田が6-2で勝利した。主将・別府要(ICU)の「1年生ピッチャーを声かけやプレーで助けよう」という言葉通り、キャッチャー上原一将(松本深志)の3盗塁刺やショート山下雄大(成城)のファインプレーで1年生投手を支えた。

期待の1年生・工藤智裕(左)と石井智己(右)

次節、法政・早稲田共に慶應と対戦する。今季未だ無敗の慶應を打ち破り凱歌を奏することができるか。

文・写真:山田美祐

1年生投手陣が大健闘!早稲田が実力伯仲の好試合を制す | 早稲田×法政 2回戦” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です