逆転に次ぐ逆転!明治が長打攻勢で雪辱果たし”血の明法戦”を制す | 明治×法政3回戦

Pocket

◇22日・八王子上柚木公園野球場

結果

チーム123456789EHR
法政000200032267
明治20000016×1109

    

3週間前に行われた明治-法政2回戦では、法政に序盤から大量リードを許し6回コールド負けを喫した明治。同率3位の明治と法政は、どちらも負ければ勝点献上、5位転落となる。”血の明法戦”。因縁のライバルたちが再び上柚木公園野球場で相見えた。

明治法政2回戦はコールド勝利を収めた法政

後攻の明治は初回、明治-法政1回戦で公式戦デビューを果たした伊藤秀真(新宿)が出塁すると続く田中雅哉(日大二)がライトへ。リコタイ六大学が誇る好打者の一振りで先制に成功。4番に座るスーパールーキー金山拓矢(獨協埼玉)も田中に続きさらに1点を追加、勝点奪取に向けて順調な滑り出しをみせた。

しかし4回、法政8番松原徹平(所沢西)の2塁打で2点を返され試合は振り出しに。リードを奪いたい明治だったが、法政先発・三浦斎生(明星)の好投を受け4回から6回まで3回連続の三者凡退。7回、志村優十茂(小山台)らにヒットが飛び出し勝ち越しに成功するも、直後に3点を返され一時法政に逆転を許した。

そして2点ビハインドで迎えた8回裏。この回先頭の伊藤秀真(新宿)から4者連続出塁で1死満塁とし、逆転のチャンスで打席に立ったのは7回でも適時打を放った志村優十茂(小山台)。強豪校出身の強打者がチームの期待に応えセンターへ。更にシュアなバッティングを持ち味とする小川剛史(高田)、名門出身の梶優介(掛川西)も連続3塁打で続きこの回一挙6得点、土壇場で逆襲に成功。明治打線の威力を見せつけ再び法政からリードを奪った。

3打点の活躍で笑顔を見せる主将・小川(左)

対する法政は9回、相手投手の制球の乱れに乗じ2点を追加するが許したリードをはね返せず。最終回からマウンドに上がった中村貫太(明大中野)が法政のラストバッター須合俊太朗(熊谷)を空三振に切って取り、懸命な追い上げを見せていた法政打線の息の根を止めた。齋藤聖夢(熊毛南)-川上裕陽(甲南)-田中大亮(狭山ヶ丘)-中村貫太(明大中野)の継投で戦った明治。潜在能力の高い打線に加えて投手層の厚さも光った一戦となった。

先発を任された明治期待の右腕・齋藤(熊毛南)

次節、法政は10月3日、明治は10月13日に立教と対戦する。第3戦にもつれ込んでいる、実力伯仲の両ゲームに注目である。

   

文:山田美祐    写真:渡邊日南子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です