慶應、終盤の反撃むなしく…今季リーグ戦初黒星。|慶應×立教 2回戦

Pocket

◇21日・ 多摩一本杉球場

                                

「全勝優勝」、それはそう簡単に手に届くものではなかった。 

ここまでチーム防御率2.09を誇ってきた投手陣がついに打ち崩され、慶應は今季リーグ戦で初めての黒星を喫した。

結果

チーム12345678RH
立教00215000110
慶應0010010428

                                                                

慶應の先発は今季4勝を挙げエースとしての風格を漂わせ始めている宮田駿二(都立青山)。1回、2回と安定したピッチングで立教打線を抑えるも、3回にバッテリーエラー絡みで先制点を与えるとその後も失点を重ね宮田は4回3失点でマウンドを降りた。

1-3で迎えた5回、勢いに乗る立教打線が一気に慶應投手陣を飲み込む。この回からマウンドに上がったアンダースローの河本龍斗(慶應義塾)は、3番・負田圭亮(湘南学園)、4番・水町和葵(福井商業)、5番・北里洸太郎(山手学院)の3連打で2点を失い降板。ベンチは一死二、三塁の場面で上田裕介(都立三田)をマウンドへ送るが、暴投や四球を連発し痛恨の3失点。今季ここまで絶対的な安定感を誇ってきた後輩投手陣が打ち込まれ、もう失点は許されない満塁のピンチでマウンドを託されたのは経験豊富な3年生左腕・林克樹(桐光学園)。「ブルペンから試合を俯瞰していたので、雰囲気に飲まれることなく負田と勝負できた」という林は、その負田をピッチャーゴロホームゲッツーに取り、慶應のピンチを救った。

                                

5回にピンチを救った林克樹

                                

2-8で迎えた8回裏、林の力投に応えたい應應が打者一巡の猛攻を見せる。6番・飯塚大生(桐朋)が左前二塁打で出塁すると、8番・田中翔太(慶應義塾)の左前適時二塁打、1番・川埜直人(筑波大付)の右前打で3点を返し反撃の狼煙を上げる。このあと4番・井村岳(横浜緑ケ丘)が押し出し四球を選び2点差に迫り、なおも二死満塁と一打同点の場面で5番・松下周平(本郷)が放った大きな当たりは無情にもライト廣瀬竜馬(都立小山台)のグローブへ。球場規定により、8回で試合は終了した。

                               

8回の攻撃を見守る慶應ベンチ

                                

慶應は今季初の黒星となり、試合後のミーティングでは涙を流す選手もいた。しかし依然として優勝は手のすぐ届くところにあり、「この試合の負けを無駄にしないで次に活かそう」とキャプテン飯塚が言ったように、改めて気持ちを立て直した上で今週末の明治戦に臨む必要がある。

                                       

文:鶴井彩央 写真:小林奏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です