「最終的な目標はリーグ優勝」 慶應・飯塚大生主将(桐朋)試合後談話|リーグ開幕戦 早稲田×慶應

Pocket

  

    

 

飯塚(左)と捕手加藤(右)

新チームの大事な開幕戦、しかも宿敵早稲田から3年ぶりの勝利。チームの雰囲気は?

新チーム始動後からこの早稲田戦に照準を合わせて準備をしてきました。この勢いのまま今後の試合に挑んでいきたいです。

 

 

 

自身も打撃力アップを課題に掲げ、オフは精力的にトレーニングに取り組んでいた。(6回に均衡を破る)先制のタイムリーツーベース、打った感触は?

変化球に身体が上手く反応しました。逆風で捕られるかなと思いましたが、なんとか外野の頭の上を超えてくれました。

相手先発の南智樹選手は良い投手ですし、序盤から打ちあぐねていたので、打つことが出来て素直に嬉しかったです。

 

 

 

土壇場のサヨナラ勝ちで、まさにチームスローガンの「戮力強心」を体現した開幕戦。今後の目標を。

開幕戦で早稲田を叩くという一つ目の目標をまず達成することは出来ました。最終的な目標はリーグ戦優勝なので、ここで浮かれることなく、 きょう以降の試合も一戦一戦チーム全員で戦っていきたいと思っています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です