力戦奮闘に期待!注目選手インタビュー│法政

Pocket

昨季のZETT杯で王者・慶應から勝利をもぎ取ったあの快進撃から早くも1年が経とうとしている。ついに法政大学の初戦を迎える時が来た。
今回、主将・松原徹平をはじめとする3年生に法政ナインを代表する3名を選出してもらい、インタビューを行った。彼らの試合に対する熱い想いを感じとっていただきたい。


辻勝之(3年・東洋)

キャッチング力に定評のある辻

ーーついにリコタイラストシーズンを迎えました。今の率直な気持ちをお聞かせください。

去年は肩を痛めたりしたことで出場機会が少なく、今年もコロナの影響で試合が少ないので、一戦一戦を全身全霊でやりたいと思っています。

ーー具体的にはどういったところに力を入れたいと考えていますか?

練習もあまりできていないので、技術面で力を入れるというよりは、チャンスやピンチで自分の能力を1番発揮できる精神でいたいなと思います。

ーー練習が満足にできない状況での試合は、バッテリーでのコミュニケーションも特に大事になりそうですよね。

バッテリーが試合を作ってると言っても過言ではないので、とても大事ですね。ピッチャーが気持ち良く投げられるかは自分にかかってるので、どこでタイムをとってコミュニケーションをとりに行くかが重要だと思っています。また、そこが自分の見せ所にもなってくるのかなと考えています!!

ーーぜひ皆さんに注目していただきたいですね!では、今季の法政ピッチャー陣は辻選手から見ていかがですか?

正直、投手陣は他大学の方が上だと思いますね。その中で勝機があるとすれば、昨年最優秀新人賞投手部門を取った2年三浦斎生を中心とし、その後の継投を上手くはめることだと考えています。

ーー「他大学の投手陣」という言葉が挙がりましたが、バッテリーを組んでみたいリコタイの投手はいますか?

慶應3年の上田(上田裕介)ですね!!
速球、変化球どれをとっても素晴らしいですね。打者を打ち取る方法がどんどん湧いてくると思うので、上田のキャッチャーは楽しくてしょうがないんじゃないですか?(笑)
本当にバッテリー組みたいですもん!

ーー実現することを楽しみにしています!最後に、日曜日に迎える初戦への意気込みをお願いします

初戦は良くも悪くもチームの勢いが決まる大事な試合だと思っているので、法政大学全員で勝ちにいきたいと思います。自分もチームに貢献できるプレーをできるように一生懸命頑張りたいと思います!

加藤比呂(2年・修徳)

力強いスウィングが魅力の加藤

ーー加藤選手はバッティングに定評があり、昨季は1年生ながら4番を任されていましたよね。当時はどのような心持ちで打席に立っていましたか?

私は長打を期待されていましたが、長打を打とうとすると力んでしまうので、後ろのバッターにつなぐ意識で打席に立っていました。

ーーキャプテンの松原選手が言っていたように、力強いスウィングが魅力だからこそ、長打が期待されるのですね。今季も同様の意識で試合に臨む予定ですか?

そうですね!今季も同様の意識で打席に立とうと思っています。学年が上がり、昨年よりさらに結果が求められる立場になったので、打席では自分のやるべき仕事をこなし、チームをプレーで引っ張っていきたいです。

ーー期待しています!では、加藤選手がチーム内で注目している選手はいますか?

2年の奥西(奥西賢太郎)です。昨年は野手が打てなくて、投手の援護ができなかったので、野手として去年から出ていた奥西と自分でとにかく結果を出したいです。

ーー最後に、日曜日に行われる初戦への意気込みをお願いします。

ベストを尽くして、チームの勝利に貢献できるように頑張ります!!

保科裕作(1年・岩村田)

高校時代の保科

ーー新歓などを経て、チームの印象はどうですか?

新歓はzoomで行い、練習もまだ一度しかしていないのですが、チームの全員が野球を好きで楽しんでやっているという印象です。

ーー法政は賑やかなチームで、全員が野球を楽しんでいるという印象がありますよね!チームでは今後どのように活躍していきたいですか?

自分は飛び抜けた才能がないので、一つ一つのことをきちんとこなして確実なプレーで活躍していきたいです。

ーー「確実なプレー」を実現するために、練習や試合で特に意識していることはありますか?

練習では特に、いつも本番を意識しながら先を読んでプレーするようにしています。

ーーお話を聞いていて、保科選手は感覚派というよりは思考派選手だという印象を受けたのですが、いかがですか?

そうですね。本当に野球のセンスがないので、考えるしかないって感じです。考え方もまだまだ未熟なのでこれからも頑張りたいと思ってます。

ーー活躍を期待しています!最後に、今シーズンへの意気込みをお願いします

気持ちで負けないように勝負することと、この状況の中で野球ができるのは幸せなことなので感謝の気持ちを忘れずに、一戦必勝で頑張りたいと思います!


昨季リーグ戦では5位ながらも、ZETT杯ではリーグ戦覇者の慶應を破り準優勝を飾るなど、短期間での圧倒的な集中力を見せた法政。例年になく短い今シーズンは彼らにとって吉と出るのか。自ずと期待が膨らんでしまう。

取材・文:米倉志織

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です