「チームで野球ができることに感謝」幹部インタビュー|新歓特集2021 第2弾~慶應義塾大学編~

Pocket

昨年度のリーグ戦は法政に勝つも明治に敗れ、惜しくも暫定準優勝となったが、一昨年度の圧倒的な優勝と変わりない勢いを見せつけた。慶應大学は昨年と同様、「ENJOY BASEBALL」をスローガンに掲げた。しかし、込めた想いは昨年より一層意味が深い。今年度は投手陣を筆頭に守備でも流れを作りリーグ戦優勝を目指す。

主将 #56 寺井直広(金沢大学付属)

慶應大学の新キャプテンとしてどんなチームにしていきたいですか。


一昨年、昨年と先輩方がチームとして結果を出しているので、そこに負けないようなチームにしたいと思っています。具体的にはリーグ戦優勝を目指していきたいです。昨年は新2年生で試合に出て活躍した選手も多く、その勢いも強みの一つとして、学年関係なくチーム内で切磋琢磨できるのが理想です。とはいえみんなで楽しく野球できるのが前提かなとは思います。

今季のチームスローガンとそこに込めた想いを教えてください。

今季の慶應のチームスローガンは昨年に引き続き、「ENJOY BASEBALL」です。コロナ禍において野球の楽しさ、試合が出来ることの有り難さを痛感しました。試合に勝つために頑張ることも楽しみの1つだと思うので、限られた機会を大切に、楽しんでプレーしていきたいと思います。

今のチームの印象や雰囲気を教えてください。

みんな仲良く楽しみながらもやる時はスイッチが入る印象です。ありきたりな表現ですけれど(笑)ただ自分をはじめ、部員間でのコミュニケーションがコロナウイルスの影響で例年より取れていないので、今シーズンはお互いを知るところから始めないといけないなと思っています。

他のチームにはない慶應大学の強みはなんだと思いますか。また、課題も教えてください。

強みは経験豊富な投手が多いこと、その投手達を中心に守備から流れを作れるところです。課題としては打線に破壊力が今ひとつないところだと思います。倉崎俊輔(高輪)・小川岳登(県立相模原)・角田真(慶應義塾)などを軸に得点を重ねていきたいです。

チームで一番注目の選手を教えてください!

先の質問にも名前挙げたんですけれど、倉崎・小川に注目です。投手陣が経験豊富とはいえ、上田さんや宮田さんが抜けた穴は大きいので守備でリズムを作りきれない時に、一振りで流れを持ってこれるこの2人に期待してます!

最後に新入生に一言お願いします!!

ハイレベルながらも楽しく野球ができる環境はなかなか無いので、リコタイに入ったら良い大学生活を送れると思います!

次ページ:副将

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です