「是非リコタイで野球をやる選択肢を視野に!」出身校対談|新歓特集2021 第4弾~高輪高校編~

Pocket

新歓特集・第4弾としてお送りしている出身校対談。今回登場するのは、高輪高校出身の奥西賢太郎(法政)・根本啓伍(立教)・倉崎俊輔(慶應)・宮崎秀太(慶應)の4人。高校時代の思い出話に花を咲かせながら、リコタイを選んだ理由や魅力について存分に語ってもらった。部活・サークル選びに迷う新入生は必見である。


ーーまずはじめに、リコタイの良いところやおすすめポイントはどこだと思いますか?数ある団体の中からリコタイを選んだ理由を教えてください!

奥西:リコタイを選んだ理由は、高校の先輩である小野寺駿さん(法政OB)が所属していたからです。硬式かつ木製で野球が出来る点に魅力を感じました。リコタイの良い点は六大学の絆が深まる所だと思います。

倉崎:硬式野球を続けたいと思った時に、リコタイのレベル感や練習量が自分に合っていると思ったからです。ガチガチに縛られずに野球が出来て、勉強との両立もしやすい環境に魅力を感じました。

宮崎:高校時代の同期、倉崎が入っていたからです。浪人中、よくリコタイの話を聞いていました。

倉崎:年に4.5回、宮崎から電話が掛かってきたんだよね。ほぼ愚痴だけど(笑)その時にリコタイの話をよくしていました。

宮崎:リコタイの良い意味でガツガツしすぎていない所に惹かれました。体育会に比べて少しレベルが劣ってもきちんと硬式野球が出来る環境のため、高校時代が不完全燃焼だった自分にとってはそれが大きな魅力でした。

根本:リコタイに入ったきっかけは、元々入っていたプロ野球観戦サークルで仲良くなった前田大和(立教)に勧誘されたからです。リコタイの良いなと思う点は、プロが使う球場(一昨年は東京ドーム)で試合が出来る所です。憧れのグラウンドに立つことが出来たのは、中々ない貴重な経験でした。プロが使う球場で野球をしたい人にはおすすめですね。

ーーやはり知り合いがいるというのは大きな理由なんですね。また、憧れの球場でプレーできるのは嬉しいことに違いないですね!

ーー次に、高校時代の同期・先輩後輩エピソードについて聞かせてください!

倉崎:先輩の大事な引退試合でグローブが無くなった話があるよね。試合開始の直前にグローブが無いことに気付いて、みんな大慌て。先輩のお母さんが急いでグローブを買ってきてなんとかなったけれど…試合後家に帰ったら、先輩のグローブが宮崎のカバンから出てきたんだよね。

宮崎:あれは本当に怖かった。焦った。多分グローブ入れが一緒だったから、混ざってしまったんだよね。

倉崎:危うく先輩の人生最後の試合を台無しにするところだったよね。やらかした思い出(笑)

倉崎:あと、自分が試合で全然打てなかった時、バットを変えようとしてたんだけど、奥西さんの助言で変えなかったら次の試合でホームランを打ててとても嬉しかった。

奥西:俺に感謝したいのか、自分の自慢話をしたいのかどっちだよ(笑)

倉崎:一応感謝しています(笑)

倉崎:宮崎が全く打てなくてスタメンを外されて、夏のベンチが確定しそうな時期もあったよね。でもそんな時期に出た試合で、前人未到の2試合連続ホームランは凄かったな。

ーー根本さんは、中高校時代は野球部ではなく卓球部だったと伺ったのですが、なぜ大学で野球をやろうと思ったのですか?

根本:小学校6年間、少年野球をやっていました。友達とキャッチボールをするのがとても好きで、キャッチボールしている間に野球に対する情熱を思い出したからです。卓球部だったので、バッティング練習の時に打ち方が卓球だとよくいじられましたね(笑)

ーーこれまでリコタイで過ごしてきて、お互いの印象があれば教えてください。高校の時と変化などはありますか?

根本:奥西先輩は大学1年生の時にピッチャーをやっていて、球が速いと立教内で話題になっていました。ユニフォームを見たら、高輪と書いてあって驚いた記憶があります。

奥西:宮崎は見るたびに体が大きくなっている。今年の慶應戦で出場できるように頑張って!俺がピッチャーやるから(笑)

倉崎:奥西先輩は昔からポテンシャルが高いですよね。どこでも打てて、どこでも守れて、色んなポジションで試合に出場していて凄いな、改めてさすがだなと思いました。打ち方も変化がなくて、(高校時代からあらゆる面で)変わっていないなという印象です。

宮崎:倉崎は相変わらずよく打つ。

倉崎:宮崎が浪人したせいで凄いやりにくい。宮崎とタメ語で話していると、他の後輩に怪訝な目で見られるんだよね(笑)打ち方は変わっていないよね、だけどもう少し体を絞らないと動けないよ(笑)

宮崎:頑張ります(笑)

ーーでは、これからリコタイへの入部を考えている新入生に向けてのメッセージをお願いします

宮崎:去年はあまり活動が出来ていないから、僕も実質1年生みたいな感じ。新入生には堅苦しいイメージを持たずに気軽に入ってきて欲しいです。

倉崎:リコタイは、試合も練習も真面目にやる環境が整っている。なので、そんな環境で野球をやりたい子に入ってきて欲しいですね。また、横の繋がりだけでなく、先輩後輩と仲良くなれたり、六大学にも知り合いが出来ます。実際、奥西さんのおかげで法政にも知り合いが出来ました。高校とは違い、上下の関係だけでなく、他大学の人との繋がりも出来る点が魅力です。

根本:野球に対して情熱がある人たちが集まっていて、野球と遊びのメリハリがきちんと付いている人が多いです。一生懸命練習すれば、新入生も試合で活躍出来るはずなので、一緒に頑張っていきましょう。

奥西:プロが使用する球場で試合が出来るのは、絶対に他のサークルにはない魅力です。また宮崎の合宿(例年3月に宮崎県で行われる六大学合同の合宿)は、野球面だけでなく、人付き合いの面でも絶対に良い経験になると思うので、新入生には是非リコタイで野球をやるという選択肢を視野に入れて欲しいです。

ーー最後に、今シーズンの意気込みを1人ずつお願いします!

倉崎:慶應の優勝に貢献するために、打つだけです!欲を言えば、ピッチャーの奥西先輩と対決してヒットを打ちたいですね(笑)

根本:最後にチームで優勝するために、声出しを頑張りたいです。打席に立つチャンスがあれば、ヒットを打ちたいです!

宮崎:与えられた所でしっかりと役割を果たしたいです。また、チームの優勝に何かしらの形で貢献したいと考えています!

奥西:チームの優勝は当然として、個人の目標としてはキャリアハイを目指したいです。一昨年、昨年よりも良い成績を残し、去年のようにベストナイン、タイトルを取って一番良い形で締められるように頑張りたいです!


和気藹々とした雰囲気で行われた今回の対談から、リコタイの魅力が大いに伝わっただろう。今回の対談をきっかけに、リコタイに興味を持つ新入生が1人でも多くなれば幸いだ。4人の今シーズンの活躍に目が離せない。

取材・文:村上優衣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です