「全力疾走!!楽しい野球で勝利を目指す」幹部インタビュー|新歓特集2022 第3弾~法政大学編~

Pocket

昨季はリーグ戦準優勝、ZETT杯優勝という好成績を収めた法政。先日行われたリーグ戦初戦では、見事勝利を手にし、幸先が良いスタートとなった。今年も優勝を目指し、全力な野球を見せてくれるのだろうか。チームの要となる主将と副将に、今季の意気込みやチームの魅力を語ってもらった。

主将#34 近藤 幸雄(市立橘)

昨季のリーグ戦は惜しくも準優勝となってしまいましたが、今季は優勝に向けてどうリーグ戦に挑むのか、教えてください。

法政はバッティングで押すタイプだと思っています。しかし、試合に勝つには何点取るかより最小失点で抑えられるかにかかってくると思うので、エースの五十 嵐大智(県立高志)を筆頭に守備からリズムを作っていき、攻撃に繋げられるようにしたいです。

今年のチームスローガンと、それに込めた想いを聞かせてください。

今年のスローガンは「全力疾走」です。今年の法政は去年に比べて個人の力がありません。去年のチームに負けないようにするためには泥臭くても全力でプレーすることが大切だと思い、このスローガンにしました。

法政の魅力を教えてください。

法政の魅力は明るい雰囲気だと思っています。法政にいるとつくづく野球が楽しいと感じます。また、私生活でも野球部のメンバーといると楽しいです(笑)

部員へのメッセージをお願いします!

楽しい野球をしたいです。勝ちにこだわって勝つ野球はうんざりしているので、楽しくて勝てるような野球をしたいです。また、集中すると周りが見えなくなるので、「なんで俺つかってくんないの?」や「采配ミスで負けた。」等は言わないでください(笑)

最後に、新入生へのメッセージをお願いします!

入学おめでとうございます。法政は楽しい雰囲気で野球が出来るので楽しいと個人的に思います。入るのは自由です、入ったからには一緒に頑張って優勝を目指しましょう。

次ページ:副将

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です