「創部初のリーグ戦優勝へ」幹部インタビュー|新歓特集2022 第3弾〜東京大学編〜

Pocket

昨季、リーグ戦では初となる3勝、そして最下位脱出を果たした東京大学。今季はどのような試合展開を見せてくれるのか。さらに高みを目指す、新体制となったチームを引っ張っていく主将、副将そしてマネージャー長にチームの魅力や今季の抱負を語ってもらった。

主将#2 小川 幹太(県立相模原)

東大のリコタイに入って良かったことは何ですか?

大学でも硬式野球をプレーすることが出来ている事と、様々な個性を持った仲間と出会えた事です。メンバーが色んな趣味などを持っていたり、ほとんどの選手が珍しい特技やどんなジャンルにおいても豊富な知識を持っているので、会話をするのがとても楽しいです!

今季の東大の強みと、理事会のテーマを踏まえた意気込みをを教えてください

頭脳プレーで相手の裏をかいたり、勝利に対して貪欲にプレーしたりする事です。昨季は遂に最下位から抜け出すことができ、新たなスタートを切ることが出来ました。今季はこの強みを活かして、理事会のテーマである「前進」をチーム全員で意識しながら、さらに勝ちにこだわり東大初の優勝を狙いたいです!

最後に、新入生に一言お願いします!

リコタイでは各大学共に実力が拮抗していて、どの大学が優勝してもおかしくない状態です。是非あなたの力で東大を優勝まで導いてみてはどうでしょうか?是非入部お待ちしております!

次ページ:副将・マネージャー長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です