「一戦必勝!全員野球で勝利をつかむ」幹部インタビュー|新歓特集2022 第3弾〜明治大学編〜

Pocket

2018年のリーグ戦から昨季まで4年連続リーグ4位の明治。今年こそは優勝し、連続4位という結果に終止符を打ちたい。先日行われたリーグ戦初戦では、チーム力を駆使して見事勝利を掴み、次の試合へ向け勢いをつけた。今回はチームの中心となる主将、副将、マネージャー長に今季リーグ戦への思いや意気込みを聞いた。

主将 #3 宇津見 達也(県立佐賀北)

リーグ戦のテーマである「前進」を踏まえてリーグ戦にどう挑むのか、意気込みを聞かせてください。

今年のリーグ戦のテーマは「前進」ということで、活動が制限されてきた一昨年、昨年より前進した年になれるように明治が先頭に立ちリーグ戦を盛り上げていきたいです。またチームの成績も4年連続で4位という状況が続いているので、成績も前進させられるように頑張っていきたいです。

主将としてチームをどう引っ張っていきたいですか。

主将は野球の時でもそれ以外の時でも頼られるような存在だと思いますが、自分は流石にそれは難しいので野球をしている時くらいは頼られるように、プレーでチームを引っ張っていきたいです。

最後に新入生へのメッセージをお願いします。

人生最後の青春を一緒に過ごそう!絶対に後悔させません!

次ページ:副将

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です