猛打賞に申告敬遠!負田圭亮(湘南学園) 「人生の中で一番いい試合」 |立教×法政 3回戦

Pocket

◇立教5-2法政

3日・ダイワハウススタジアム八王子

6回表 均衡を破る適時打を放ち拳を突き上げた

立教・野口優希(川越東)、法政・三浦斎生(明星)の両先発が好投を続け、両チーム無得点で迎えた6回表。この日初めて作った一死一、三塁の好機で、「今日は投手戦で、(赤崎)南斗とこれは先制点を取った方が勝つなぁって話していた」負田が打席に入った。三浦の初球を捉えた当たりは値千金の先制タイムリーとなり、ムードメーカーの一打で勢いに乗った立教打線はこの回に一挙4得点を挙げ試合の主導権を握った。負田は8回にもクリーンヒットを放ち、3季目で初の猛打賞を記録。更に立教の3点リードで迎えた第5打席では、これまた「人生初」という申告敬遠。得点圏に走者を2人置いた状態で法政バッテリーがこの日の負田と勝負する理由はもはや存在しなかった。

「今日は打てる気しかしなかった」と言うほどの好調さには、ある秘密がある。「バット変えたってのもあるかもしれないす。この前の練習で折られちゃって、重心の位置が前ミドルだったんですけどトップの買ったんすよ」。

まさに“災い転じて福と成す”大活躍となった。

野口(左)と共に立教を勝利へ導いた

写真:柳田真佑

文:小池颯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です