立教・野口優希 川越東の後輩斬りに「吉藤の打てないところは分かってた」 | 早稲田×立教 3回戦

Pocket

 

◇立教4-3早稲田
9日・ダイワハウススタジアム八王子

   

立教の2年生左腕・野口優希が3連覇中の王者早稲田を相手に2試合連続の完投勝利。「本当にめちゃめちゃ嬉しい」と、下剋上の立役者は誇らしげに語った。 

 

 

絶対に負けられない大一番の先発マウンドを託され、やや慎重な面持ちでマウンドに上がった野口。「めちゃめちゃ緊張していた」という序盤は4回までに100球以上を投じるなど決して良い内容ではなかったが、要所を締めて試合の流れを早稲田に渡さなかった。試合のターニングポイントは同点で迎えた7回表、二死ながら走者を三塁に置いた場面で打席に入ったのは早稲田の黄金ルーキー・吉藤夢来。リーグの優勝を占う場面で川越東高校野球部の先輩後輩対決が実現した。昨年の第100回全国高校野球選手権記念南埼玉大会準々決勝では3長打、準決勝では左越えの一発を放っている埼玉屈指のスラッガーは今季中盤からどっしりと王者早稲田の4番に定着。そんなかつての後輩、そしてライバルチームの4番打者を打席に迎えたところで既に140を超える球数を投じていた野口がギアを上げた。全球ストライク勝負を挑み、4球目に投じた渾身の高め直球で空振り三振。「(吉藤のことを)意識はしました。でも打てないところ知ってたんで」と、 結局この日は吉藤を3打数無安打に抑えて先輩の意地を見せつけた。

新エースの熱投でピンチを切り抜けた立教はこの直後の攻撃で決勝点を奪い、そのまま逃げ切りに成功。最後の打者を遊飛に打ち取り、重圧から解き放たれた野口は高々と両手を突き上げた。

 

勝利の瞬間、 背番号66のもとにチームメイトが駆け寄る

 

文・写真:小池颯

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です