投手王国、まさかの敗北…│明治×慶應 速報

Pocket

◇明治6-2慶應
22日・小野路球場

初回から明治打線が爆発。勢いよく相手エースを打ち砕いた。
明治は1番・伊藤(都立新宿)と5番・金山(独協埼玉)の2打席連続ヒットなどで慶應・宮田(都立青山)の立ち上がりを攻め、2回までに一挙4得点。4回までにさらに2点を獲得し、昨年王者・慶應を大きく引き離した。

味方の援護を受けたリーグ戦初先発の明治・堀野(小山台)は、試合の流れを完全に引き寄せる。慶應打線を寄せ付けず、5回無失点の力投でベンチの声援に応えた。

なんとかチャンスを作りたい慶應は、7回裏ピンチヒッター小川(県立相模原)・角田(慶應義塾)が安打で出塁。2アウトから8番・川埜(筑波大附属)のタイムリーで1点を返すと、代打・倉崎(高輪)も長打で続き追加点を奪うも、反撃及ばず。今季初黒星を喫した。

MVPには、ルーキーながらも堂々たるピッチングを見せた明治1年・堀野が選ばれた。

昨年、捕手ベストナインを獲得した実力派・金山

文・花原彩夏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です