法政、粘りの投手リレーで接戦を制す | 早稲田×法政 速報

Pocket

◇早稲田1-2法政
22日・あきる野市民球場

昨季はシーズンを通して早稲田に一勝もできなかった法政だが、今季は実力が拮抗し法政が勝利を収めた。

先制したのは早稲田。3回表、一死一二塁から2番佐藤塁(桜美林)のレフト前ヒットで先制点を挙げた。その裏、法政は(東洋)と森山(工学院大附属)の連打でチャンスを作り、ワイルドピッチで同点に追いついた。さらに、2番の田中(立川)の打球がショートのグラブを弾き、逆転に成功した。その後は両者一歩も譲らない攻防が続いた。8回表、早稲田は一死二三塁のチャンスを作るが、7回から登板している崎村(長崎南山)が後続をきっちり抑え込んだ。崎村は9回表も早稲田打線を3人に抑え、見事勝利へと導いた。

今試合のMVPには、試合の終盤を投げ切った法政・崎村旭(長崎南山)が選ばれた。

長崎が産んだ奇跡のサイドスロー・崎村(長崎南山)

文・加藤友紀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です