法政、力を見せつけた!| 立教×法政 速報

Pocket

◇立教1-5法政
27日・小野路球場

リーグ戦も終盤。互いに勝てば優勝の可能性を一気に引き寄せる今試合。そんな中、法政が勝利を収めた。

先制したのは、立教。4回表3番・北里がセカンドの失策で出塁し、4番・廣田が左中間へ三塁打を打ち北里がホームへ。しかし、その回の裏、法政が強さを見せつけた。3番・加藤がライト前の二塁打を打ち、出塁。4番・松原の犠打で加藤が進塁し、6番・森山はセカンドゴロエラーの間に加藤が帰還し同点に。

さらに法政は5回裏、9番・須合が四球で出塁し、キャッチャーからの牽制送球の連携ミスで須合は2塁に進塁。続く1番・奥西のセンター前ヒットでランナー、一三塁。さらに奥西が盗塁し、二三塁。2番・田中が四球で満塁を作り、3番・加藤がライト前ヒットで2打点を挙げた。続く5番・井上がセンター前ヒットで2打点を挙げ、この回法政は一挙4得点。

5回裏に2打点を挙げた・井上佑(桐朋)

その後、立教法政共に無得点が続き、緊迫した展開となった。立教は7回、一二塁のチャンスを作るも、二死からマウンドに崎村が上がり、後続をピシャリと抑えた。崎村が前回の法政対早稲田のMVPインタビューで、気になる選手としてあげていた立教の4番・廣田との対決では、崎村廣田を見事打ち取り、勝利を収めた。

今試合のMVPには3安打猛打賞の勝負強さを見せた加藤比呂(修徳)が選ばれた。

3安打2打点を挙げた・加藤比呂(修徳)

文・加藤友紀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です