リーグ開幕戦は明治に軍配が上がる│慶應×明治 1回戦

Pocket

◇慶應6-8明治
23日・上柚木公園球場

春めいたうららかな日和が続き、桜の開花が発表された3月。ついに2022年度リーグ戦が幕を開けた。両チームにとって新体制で臨む初の公式戦のカードは、昨季は混戦模様となった慶應×明治。白熱した試合が期待された一戦であった。

試合は序盤から動いた。
初回、エラーで明治に先制を許してしまった慶應。3回表、9番・棚橋佑介(県立関)と1番・片岡壯介(浅野)がヒットで出塁すると、2番・関口直弥(芝)のタイムリーツーベースヒットで逆転に成功した。
しかし、その裏で明治が再び慶應を引き離す。1番・宇津見達也(県立佐賀北)がフォアボール、2番・石原慎也(県立市ヶ尾)がヒットで出塁、そして3番・松本朋大(都立昭和)がタイムリーツーベースヒットを放った。この回一気に4点を獲得し、明治が主導権を握った。
その後も明治の勢いは止まらない。4回裏に3番・松本のタイムリーなどで点を重ね、5回までに5点のリードを奪った。

3本のタイムリーを放つ活躍を見せた明治・松本

松本は「先発の堀野さん(堀野舜平)が本調子でない中頑張って投げていたので、何とか点を取ってあげたいという気持ちで打席に入りました。結果、3本のタイムリーを打つことができ、3番の役割を果たせたので良かったです。」と振り返り、「リーグ戦初戦を勝利する事が出来たので今後の試合もこの勢いのまま勝利を重ねて行きたいです。」と意気込みを語った。

慶應・片岡のタイムリーで2点を返す

6回表、4番・横山春平(東海大学付属浦安)のヒットから慶應は巻き返しを図る。1番・片岡のタイムリーヒットで2点差に迫るも、反撃はここまで。力投を続けた明治の大エース・堀野舜平(都立小山台)が追加点を与えず完投し、明治が接戦をものにした。


今季開幕戦ということで両者、今後の勝利に向けて弾みをつけたい一戦であった。
開幕戦を白星で飾り、好スタートを切った明治。敗れはしたものの適宜好打を見せた慶應。両チームの今後に期待である。

文:舟橋佳穂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です