新2年生の快進撃!法政が昨季の王者早稲田を下す|早稲田×法政 1回戦

Pocket

♢早稲田2-6法政
27日・上柚木公園球場

昨季、惜しくも早稲田に敗れ準優勝となった法政だが、新2年生の活躍により先制し、見事9回を守り抜きリーグ戦1勝目を手に入れた。


法政は初回、飛ぶ鳥を落とす勢いの1番・土井史鷹(川越東)がレフトへのヒットを放ち出塁、3球目に相手の隙をつき盗塁を決めた。その後3塁へと進み、続く3番・森山和紀(工学院)のレフトへの犠牲フライにより法政が先制点をあげた。
土井は、「1打席目は、とにかく塁に出ることだけを考えていたので、ヒットになって良かったです。和紀さん(森山和紀)がしっかりと返してくれたので、初回としてはいい攻撃ができたんじゃないかなと思います。」と、この打席を振り返った。

先制するきっかけをチームに与えた法政・土井

その後は早稲田・佐藤春介(国立東京学芸大付属)と法政・五十嵐大智(県立高志)の両投手が共に好投し、2回から6回まで、両者一歩も譲らず0点が続いた。


そして7回表、早稲田は1アウト1,3塁と一隅のチャンスを作るもその後3アウトとなり、またもや得点へと繋がらなかった。


法政が1点リードで迎えた7回裏、試合が大きく動いた。リーグ戦で初めてスタメンとして起用された8番・佐藤拓海(県立匝瑳)がサードへとのヒット、続く9番・西村佳紘(県立川和)がセカンドのエラーにより出塁。追加点が欲しい法政、2アウト2,3塁で迎えたバッターは、こちらも初スタメンの2番・片岡勇貴(明法)。4球目を捉え、レフトへのタイムリーツーベースを放ち、1点を奪った。続く3番・森山がライトへのヒット、この回2点目、4番・近藤幸雄(市立橘)がフォアボールで出塁、5番・岩﨑照英(成田)がライトへのタイムリーツーベースを放ち、更に3点の追加点をあげた。
佐藤、片岡の活躍により、この回で5点を得て、勝利が見えた法政。片岡は「初めてのスタメンだったので絶対に結果を残そうと打席に臨みました。打った瞬間、嬉しくて涙がこぼれ落ちました。」と語った。

初めてのスタメン起用にも関わらず得点へ繋がるヒットを放った法政・片岡


一方で早稲田には1つのミスも許されない緊迫したムードが流れていた。6点差で迎えた8回表、何としても点差を詰めたいところだ。先頭の9番・石井蒼月(山手学院)がセンターへ華麗なヒットを放ち、その後3塁まで進み、ショートのエラー間に1点を返した。


その後、早稲田がもう1点を返すも法政には届かず、試合終了となった。



昨季、惜しくも優勝を手にすることができなかった法政。続々と新2年生がスタメンに加わり新体制となった今、どんな試合を繰り広げてくれるのか目が離せない。

文:田崎澪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です