両校合わせてヒット16本の好試合!|明治×法政 1回戦

Pocket

◇明治8-1法政
3日・上柚木公園球場

新入生が入部し、新しい試合の流れが期待される中、明治と法政が熱戦を繰り広げた。


試合序盤の1回裏、いきなり法政の3番・森山和紀(工学院)がセンター前にクリーンヒットを打ったものの、後が続かず試合が大きく動くことは無かった。
先に試合の流れを変えたのは明治だった。4回表、6番・吉田健成(県立白河)が気迫のヘッドスライディングで内野安打となり、続く7番・吉岡琉平(県立横浜平沼)が四球で出塁し、8番・服部碧人(都立国分寺)のレフト前ヒットで満塁にした。9番・飯村純弥(川越東)が死球により押し出しで先制点を奪う。緊張が高まる中、2番・石原慎也(県立市ヶ尾)、3番・松本朋大(都立昭和)のタイムリーヒットにより更に4点を獲得し、一気に流れを明治に引き付けた。

7点目を勝ち取った明治・石原

明治の流れはとどまることなく、6回表に宇津見達也(県立佐賀北)、松本のツーベースヒットで2点を勝ち取った。
7回の裏、7-0で法政は何とか明治の流れを食い止めたいところで明治のエラーをしっかりものにし、1点を獲得しコールドゲームを阻止した。

ツーベースヒットを放った明治・松本

この試合を受けて、明治主将である宇津見は「今回の試合は、自分の不甲斐ない守備をピッチャー陣がカバーしてくれて、バッティングは大事なところで石原や松本たちが打ってくれて勝つことが出来たので、本当に感謝しています(笑)次は守備で助ける側になれるように頑張っていきたいです。」と振り返った。これからの試合については「みんなバッティングの調子が良くリーグ戦2連勝と順調に勝てているので、次の試合もこの調子で勝ちたいです。」と語った。



惜しくも勝利をつかむことは出来なかったが、出塁率が安定している法政とリーグ戦2勝目と確実に勝利をものにする明治。両校共に新チームとして動き始め、ますます予想できない白熱した試合に注目が集まっている。

文:長谷川里奈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です