接戦を制した明治が開幕3連勝!|立教×明治 1回戦

Pocket

◇立教4-5明治
29日・あきる野市民球場

昨季リーグ戦で3位の立教と4位の明治による初対決。今季こそは優勝したい両者は、1年生も加わった新体制で共に一歩も譲らない白熱の試合を繰り広げた。

初回、先攻の立教は2アウトから3番・櫻木慶伍(県立天白)がセンター前ヒットで出塁。すると続く4番・石井滉太郎(世田谷学園)はレフトの頭上を大きく超えるホームランを放ち2点を先取。好調な出だしを決めた。
対する後攻の明治も負けじと反撃。1番・宇津見達也(県立佐賀北)が相手のエラーを誘い出塁すると、2度の盗塁を決めノーアウト3塁のチャンスをつくり出す。すると続く2番・石原慎也(県立市ヶ尾)がレフト前へタイムリーヒットを放ち1点を返す。石原は5番・大塚寛大(星野)の放った犠牲フライにより生還し、同点に追いついた。

レフト前タイムリーを放った2番・石原

何としても勝ち越したい立教は2回、6番・市川隼渡(都立武蔵)がショートへの内野安打で出塁すると、8番・岸本大輝(新潟明訓)の犠牲フライで1点を追加し、一歩リードを広げる。
対して逆転を狙う明治は、1年生の7番・高垣豊(都立城東)が右中間へのスリーベースヒットを放つと相手の送球ミスの間に一気にホームイン!高垣はこの打席について振り返り、「1年生にも関わらず試合に出させていただいたので、とにかく打って結果を出したいと考えていました。打撃をさらに安定させ、たくさん打ってチームに貢献したいです。」と意気込みも示した。さらに明治の攻撃は続き、8番・服部碧人(都立国分寺)がレフトライン際へツーベースヒットを放つ。1番・宇津見の犠牲フライにより大きな1点を追加し逆転に成功した。

右中間にスリーベースヒットを放った7番・高垣

3回、4回は両投手ともに集中した投球を見せ、無失点でのり切った。5回に明治が1点を追加すると、これ以上リードを広げられたくない立教は6回、ノーアウトで1番・齋藤仁生(県立海老名)が相手のミスを誘い出塁。4番・石井のライト前ヒットで3塁に進塁しチャンスを作る。そして代打でこの回から出場した1年生の5番・谷田部雄太(立教池袋)がセンター前にタイムリーヒットを放ち1点を返したが反撃はここまで。なんとか1点を守り抜いた明治が白星を獲得した。

この試合で力投を見せたエース・堀野舜平(都立小山台)は試合展開について「個人的にもチームとしてもとても苦しい試合でしたが、まずは勝ててよかったです!今日は野手に助けられたので次は助ける側になれるように頑張ります。あと石井君に2試合連続でデッドボールを当ててしまったので次は全球アウトコースでいきたいと思います。」と振り返った。

7回を投げ切ったエース・堀野

守備では両大学ともにミスが少し目立つ試合だったが、打撃で一歩リードした明治が勝利を収めた。今季初勝利を目指す立教、開幕4連勝を狙う明治それぞれの今後の試合の行方に期待がかかる。

文:明官亜季

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です