打線爆発の早稲田!佐藤(塁)、石井が大暴れ|早稲田×立教 1回戦

Pocket

◇早稲田17-2立教
3日・上柚木公園球場

大学生活への期待と希望に満ち溢れていた入学式から約1か月が経過した。新入生の部員、マネージャーが入部したことで各大学に新しいチームの形が作られている。初めて新入生が公式戦に参加したこの一戦で勝利し、新チームに勢いを持たせたい両校。熱意がぶつかり合った試合となった。

春合宿から好調の早稲田打線は初回から1アウト2,3塁とチャンスを作り打席には4番・佐藤塁(桜美林)。綺麗な放物線を描いた打球はセンターの頭上を越え、走者一掃のタイムリースリーベースとなる。
佐藤(塁)は、「前回はぎっくり腰で試合どころではなかったので、今回の試合が開幕戦だと思って臨みました。相手投手は高校で同期の小林陽人(桜美林)だったのでストレートをフルスイングする事を意識しており、前の2人が塁に出ていたので気楽に打席に立てました。初回のチャンスで結果を残せてよかったです。」と打席を振り返った。

先制のタイムリースリーベースを放った早稲田・佐藤(塁)

さらに早稲田は7番・石井蒼月(山手学院)もスリーベースを放ち4点を先制する。

反撃したい立教は初回に先頭の櫻木慶伍(県立天白)、2回に5番・神谷尚希(県立磐田南)と先頭打者がヒットで出塁。2回までに2点を返し、試合の主導権を早稲田に握らせなかった。

しかし4回に再び早稲田の打線が爆発する。2本のヒットからチャンスを作り、2アウト1,3塁の場面で佐藤(塁)が2点タイムリーを放つ。さらに連打でチャンスメイクし打席には石井。「今季初登板となる横田栄人(早稲田佐賀)を援護できるよう大きいものを狙っていた。」と放った打球は、ライナーでセンター頭上を越すツーベースとなる。そして「気候もおだやかでプレーしやすかった。」とすかさず3盗を決め、ベンチを沸かせた。

この試合2本目となる長打を放った早稲田・石井

早稲田は4回に2年生の横田がリリーフし連打でピンチを背負うも、セカンドの甲崎孝裕(早稲田大学高等学院)の好守にも助けられながら2イニングを無失点で切り抜ける。そのまま逃げ切った早稲田が6回コールド勝ちで立教を下した。


春先から好調の打線と新入生を含め豊富な投手陣の早稲田。お得意の継投策で相手打線を巧みに躱せるか否かが勝敗のカギになりそうだ。

先頭打者が出塁する回数の多い好打者と長打力のあるクリーンナップを持つ立教。どの打順からでも得点ができるため、毎回得点をして点差を徐々に離していく事が勝利に繋がると思う。今季のリーグ戦も始まったばかりなのでどこが優勝するかとても楽しみだ。

文:森川岬楠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です