白熱の投手戦は慶應が制す!|立教×慶應 1回戦

Pocket

◇立教1‐4慶應
8日・上柚木公園野球場

初戦で黒星を喫した両者にとっては負けられない一戦。堅実に得点を重ねた慶應が立教を下し、今季初勝利を掴んだ。

先発投手の好投により、両チームとも序盤2回は三者凡退に終わった。試合が動いたのは3回。まずは表に8番・市川隼渡(都立武蔵)が四球で出塁すると、9番・谷田部雄太(立教池袋)の内野安打、1番・櫻木慶伍(県立天白)のライト前ヒットと打線が繋がり、立教が1点を先制した。しかしその裏、7番・関口直弥(芝)が四球で出塁すると、8番・真崎大佑(慶應義塾)のレフト前ヒット、9番・山家健(都立青山)の犠打により1アウト2,3塁のチャンスを迎える。1番・片岡壯介(浅野)の犠牲フライで1点を返し、試合を振り出しに戻した。

一方の立教は絶対的エース・小林陽人(桜美林)が6回までに8三振を奪うものの、パスボールや味方のエラーにより進塁を許してしまう。それを足掛かりにした慶應は着実に点を重ね、さらに2点のリードを奪った。立教打線は何度も得点の機会を作るも、期待のルーキー萩野良宣(慶應義塾)に抑え込まれてしまった。リーグ戦初登板ながら7回1失点の好投を見せた萩野は「初登板は緊張しましたが、とにかく腕を振って思い切って投げようという気持ちで試合に臨みました。試合ではピンチを何回か招いてしまいましたが、そこでギアを上げて何とか抑える事が出来て良かったです。」と振り返る。

7回に及ぶ力投で立教打線を封じた萩野

7回、小林に代わって市川がマウンドに上がる。しかし、続く8回、5番・石井大智(東京学芸大学付属)がレフト前ヒットと盗塁でチャンスを作ると、関口のタイムリーヒットで1点を追加し、さらに立教を引き離した。関口は「萩野と武田(武田渉平⦅早稲田佐賀⦆)が良いピッチングをしてくれていたので、なんとしても追加点をとって勝ちたかった。その一心でバットを振りました。」と打席での思いを語った。

関口のタイムリーで本塁生還を果たした石井

立教は巻き返しを図ったが、8回萩野に代わってマウンドに立った武田が堅い守備との連携でなんとか反撃を抑え、試合を締めた。


両投手の好投が光る一方、チャンスをものにできたかどうかが明暗を分けた。
今季は投手陣に課題を見出していた慶應だが、新戦力の萩野を迎え入れ、このまま勢いに乗るのだろうか。対する立教は投打がかみ合わなかったか。直ぐにでも勝ち筋を見つけたいところだ。まだ新チームは発足したばかり。今後の両チームの動向から目が離せない。

文:水野星月、尾上奈優

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です