早稲田悲願の初勝利!東大の猛追を振り切る!|東大×早稲田 速報

Pocket

◇東大7-10早稲田
28日・あきる野市民球場

 
 
 
 
 
 

今季苦戦が続く両チームの対決は、先制した早稲田が東大の猛追を振り切り初勝利を収めた。

先制したのは先攻の東大。初回、2死3塁から4番細田のレフトの頭上を越えるタイムリーツーベースで先制点を挙げた。対する早稲田はその裏、集中打から4点を奪い逆転に成功。早稲田は3回にも7番池田(城北)のタイムリーツーベースなどで3点を加え、東大を突き放しにかかる。一方の東大は2番手の好投で勢いに乗り、4回から毎回得点を重ね、7回表終了時には8-7の一点差に迫る猛攻を見せた。しかし、7回裏に、四球とエラーなどの東大の隙を突いた早稲田が再度突き放し、勝負を決めた。試合は早稲田が10-7で勝利し、今シーズン初勝利を収めた。

勝ち投手となった早稲田先発・石井智己(2年・岡山朝日)

また、今試合のMVPには、2打数2安打2打点2盗塁の大活躍でチームを勝利に導いた池田文人(城北)が選ばれた。

 
 
 

文:高橋孝太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です