宇高恭平(厚木) 「野手も負けないように…」新生慶應の主砲、静かな闘志を燃やす|慶應×法政 試合後インタビュー

Pocket

先日の法政戦で二つの長打を放ち、慶應の一点差勝利に貢献した宇髙恭平。その類稀なるリストの強さを活かした独特の打法から放たれた打球はライトの頭上を越えていき、三塁打に。慶應のベンチを大きく沸かせ、試合後にはMVPに選ばれた。
昨季は打撃二冠の山口(OB・山口優斗)の陰に隠れ、なかなか出場機会を掴むことができなかった彼だが、打撃には定評があった。今季は主軸として慶應打線を牽引していくことに期待が高まる。そんな期待の好打者・宇髙にMVP獲得の感想や今後の試合への意気込みを聞いてみた。


二つの長打で慶應を勝利へと導いた宇高(厚木)

ーーまずはMVPに選ばれた率直な気持ちをお聞かせください。

先日の試合(10月24日・立教戦)で4タコに終わってしまったので、今回の試合は何としてでもヒットという結果が欲しいと思ってました。結果的に二安打一打点でチームに貢献できて良かったです。

ーー宇高選手は昨年から打撃に定評がありますよね。打席で意識していることはありますか?

バッティングはタイミングが命だと思うのでとにかくタイミングを合わせることを意識しています。

ーー「タイミングを合わせる」ためのご自身なりの秘訣はあったりしますか?

感覚的なので言葉にするのは難しいですが、自分は少し体を揺らしてタイミングを取るようにしています。

ーーこれまでの試合では守備においても好プレーを見せています。守備に関してはどのような意識がありますか?

もともと守備はあまり得意ではないです。
ファーストではとにかく腰を低くすることを意識しています。止めれば何とかなるので、何としてでも止めることを大事にしています。

ーーベンチから見ていても、「何としてでも止めてやる」といった気迫が伝わってきます!では、昨年のレギュラー選手が殆ど抜け、新たな顔触れによるスタメン構成となっていますが、その中ではどのような役割を果たしていきたいですか?

ありがとうございます。
自分はバッティングに自信があるので、バッティングでチームを引っ張っていけるような選手になりたいと思っています。

ーー期待しています!現在2連勝で勢いに乗っている慶應ですが、ずばり、宇高選手から見て勝利の要因はなんでしょうか?

やっぱり投手陣が安定しているからだと思います。守備や攻撃がだらしない中、ピッチャーの方達が要所をしめてくれているので野手も負けないように頑張っていきたいと思います。

ーー慶應は良い投手が多く揃っていることで有名ですよね。宇高選手が特に皆さんに注目して欲しい投手はいますか?

やっぱり前回の試合でも大活躍だった日比谷投手だと思います。一年生らしい伸びのいいまっすぐがとてもよく、今後さらに活躍すると思うので大注目です。

ーーでは、最後にこれからの試合への意気込みをお願いします!

残りの試合も少ないので、一戦必勝でリーグ優勝に向けて頑張っていきたいです!


普段は大人しく寡黙な宇髙だが、今回のインタビューを通して人一倍闘志を燃やす、彼の新たな一面を知ることができた。慶應は全勝優勝まであと3勝。リーグ屈指の投手力に打撃力を上手く噛み合わせることでチームの総合力を上げ、悲願のリーグ戦連覇を掴みとることができるのか。一戦も目が離せない。

取材・文:米倉志織

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です